【私の評価】★★★☆☆(71点) ■人生とは  山あり谷あり。  直線もあれば、  曲がり角もある。  曲がり角をどう曲がるかで  人生は大きく  変わっていくのでしょう。 ・長く続いていたいろいろなものが  終わり始めるのは、自分がワンステップ  上がるための転機を迎えている...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■JALの機内誌で連載された  旅をテーマとした  浅田 次郎のエッセーです。  浅田 次郎といえば、  「一路」「壬生義士伝」といった  歴史小説から、    「椿山課長の七日間」  「天国までの百マイル」  といった人情ものまで、  私もお...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■東北地方に素粒子の謎を解くために  巨大な加速器、リニアコライダーを  誘致しようという動きがあります。  素粒子はどこまでわかっているのか?  リニアコライダーの役割は?  と手にした一冊です。  この本が出版された2010年には  未発見...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■経営コンサルタントと  セミナー講師は全く違う!  という一冊です。  セミナー講師は、  大人数の社員に対して  教育する。  それに対して、  コンサルタントは、  経営者に対して  ノウハウを提供する。  まず、見込み客として  経営者...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■翻訳が硬いこともありますが、  難解で読み切るまで  2週間かかった小説です。  彼女と別れてギリシャに  英語の補助教師としてやってきた  主人公は、一人の富豪と出会います。  その富豪は第一次世界大戦で  戦列から逃亡した経験のある  謎...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■5年間、毎日メールマガジン  「3秒でHappy?名言セラピー」を  書いたひすいさんの一冊です。  5年間の1800の名言ネタから  10冊の本ができたという。  ひすいさんの名言は、  どんな状況になっても  Happyになれる名言です。...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■1999年に中国人を分析し、  ギャグにした一冊です。  中国人は  なかなかとらえどころがないと  思う人は多いのではないでしょうか。  褒めているかと思えば、  実はバカにしている。  どうみても自分が悪いのに、  自信満々に反論する。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■NHKで「あまちゃん」の  演出を担当した  吉田さんの一冊です。  吉田さんは、もともと  自分の意見を通すために  怒鳴る人だったそうです。  怒鳴るのではなく、  相手の意見を聞くようになったら  大きな仕事に恵まれるように  なったら...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■いわゆる情報商材をネット上で  売るためのテクニックです。  通常は、アフィリエイトから、  自分の情報商材を売り、  セミナー開催というパターン。  これらはすべて、  自分の信者を作ることで  儲けることができるわけです。 ・信頼を築けば...
続きを読む
人気ブログランキングへblogrankings.png

<本の格付け基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかも)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)

記事一覧
スポンサードリンク
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む
  • shi: いつも本をご紹介下さり、ありがとうございます。 今日の本の紹介を見て思うのは、 素晴らしい本は、目次において出し惜しみせず、 本の 続きを読む
  • 石田章洋: 書評をありがとうございました‼ 続きを読む
  • uc@yahoo.co.jp: おはようございます。 時間のあるときは読ませていただいております。 メルマガを継続しておられること、また続けやすくする方法をご自分 続きを読む