【私の評価】★★★☆☆(74点) ■番組制作を担当するフリーの  テレビディレクターが語る  業界のお金の話と演出です。  テレビ番組では  「格差社会」を批判しますが、  テレビ業界こそ「格差社会」。  テレビ局・・大手制作会社・・  中小制作会社・・派遣という  身分制度が...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■北方領土解決を目指したために  鈴木宗男とともに粛清された佐藤優と、  わかりやすいジャーナリスト  池上 彰の対談です。  現実を伝えるジャーナリストと  国際情勢を分析する外交官の  対談ですので、  圧倒的に分析のほうが面白い。  佐藤...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■ディスカウントストアのダイクマで  最年少営業部長。  その後、相模原でアイワールドを創業し  直営店で300億円もの売上を記録。  燃えるディスカウンターは、  若手を役員に抜擢し、その勢いは  まさに飛ぶ鳥を落とすものでした。  ところが...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■フィナンシャル・タイムズ  アメリカ版の編集長が発見した  タコつぼ組織(サイロ)の失敗例です。  組織で働く人が  なぜ時として愚かな行動を  とってしまうのか。  事例としては、  独自の圧縮技術ATRACに固執した  ソニーを挙げていま...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■工作機械の部品を作っている  エーワン精密の経常利益率は  20~30%です。  お客さんが注文してくるので  営業部門がない。  注文が来たら5分後に製造開始し、  その日のうちに発送されるのです。 ・エーワン精密では、その日に受けた仕事は...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■コンサルタントが教える  業界の裏事情です。  テレビ、新聞では報道されませんが、  本を読んでいる人なら  知っている内容を集めています。  例えば、森友学園が国有地を  格安で払い下げてもらいましたが、  実は新聞社も同じことをしている。...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■テレビ朝日のダイオキシン報道で  窮地に陥った埼玉県の  産業廃棄物処理会社の  再生ストーリーです。  著者の会社は既に  ダイオキシン対策済の新型焼却炉を  建設して運転していました。  ところが、この報道により  焼却そのものへの反対運...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■伊藤忠商事で不良債権を一括処理し、  業務、組織のリストラで  伊藤忠を再生した丹羽さんの一冊です。  実家は本屋で、  読書はかなりしていたらしい。  若い頃は、本代と酒代で  給料はなくなったと  豪語しています。 ・小遣いもたいしてない...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■駿台予備校世界史の講師は、  今の日本をとりまく時代を  どのように説明するのでしょうか。  面白いところは、  アメリカや日本でのマスメディアの  印象操作を指摘しているところです。  アメリカのトランプ叩き。  日本の安倍叩き。  権力を...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■朝日新聞記者有志という  不思議なグループによる  朝日新聞内の実情報告です。  驚くべきことは、朝日は最近まで  平和運動活動家などからの情報は  そのまま記事にしていたらしい。  記事の真偽を確認する裏取りは  記者の基本・常識と思ってい...
続きを読む
人気ブログランキングへblogrankings.png

<本の格付け基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかも)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)

記事一覧

>月別(2002年7月~)