【私の評価】★★★☆☆(74点 ■人間とは不完全なものであり、  常に完璧な判断が  できるわけではありません。  成功している人が  過去の成功体験に固執したり、  落とし穴に落ちてしまう。  人間の判断を誤らせるポイントを  心理学の実験結果などを示しながら  考えていく一...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■米国の日系農園オーナー秘書、  アメリカ大使館勤務、  経済シンクタンクCEO、  敵対的M&A対策アドバイザー  などの経験を持つ著者が書き下ろした  アンダーグラウンド小説です。  その背景設定は、  日本への農産物輸出拡大を目指す  穀...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■創業百年、足袋製造を続けてきた  社長の宮沢は、  追い詰められていました。  足袋の需要は減少し、  銀行からの融資も  難しくなってきた。  この苦境を脱するためには  新たな収益源が必要です。  そこで注目したのが、  先代が開発してい...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点) ■成績優秀な営業マンでありながら、  上司と喧嘩して、左遷、退職してしまった  著者が教えるアンガーマネジメント  (怒りへの対処法)です。  著者は、営業キャンペーンで  ナンバーワンの実績を上げ、  課長との対話に臨みました。  お褒めの言...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■明治大学文学部教授の齋藤 孝さんが、  「死」について考えるために  吉田松陰の「留魂録」、  肥前国佐賀鍋島藩士・山本常朝の『葉隠』、  貝原益軒の『養生訓』  正岡子規の『病床六尺』、  堀辰雄の『風たちぬ』  V・E・フランクルの『夜...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■世の中にはヤクザな稼業が  実際に存在しています。  いかに不利な状況であっても  自分に有利な状況に持ち込むのが  ヤクザ流です。  無理が通れば、  道理が引っ込むというのが  ヤクザの交渉なのでしょう。 ・ヤクザというのはささいなことに...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■日本のバブル崩壊、リーマンショック等を  予測し、的中させてきた  国際問題評論家、藤井さんの一冊です。  藤井さんが予測する未来は、  国境なき世界ではなく  英国のEU離脱に見られるような  国民国家の復活です。  理想主義者が推進してき...
続きを読む
人気ブログランキングへblogrankings.png

<本の格付け基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかも)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)

記事一覧
スポンサードリンク
【空メールによる登録】
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む
  • shi: いつも本をご紹介下さり、ありがとうございます。 今日の本の紹介を見て思うのは、 素晴らしい本は、目次において出し惜しみせず、 本の 続きを読む
  • 石田章洋: 書評をありがとうございました‼ 続きを読む
  • uc@yahoo.co.jp: おはようございます。 時間のあるときは読ませていただいております。 メルマガを継続しておられること、また続けやすくする方法をご自分 続きを読む