【私の評価】★★★★★(90点)■著者はプルデンシャル生命保険で、 ライフプランナー個人として 全国1位を達成。 その後、広島の営業所長として 平凡なチームを全国4位に、 新設の新宿支社を支社長として全国2位に、 そして、全国最下位の仙台支社を10ヶ月で 全国2位に立て直します。 この圧倒的な成果は どこから来たのでしょうか。・悪い上...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■アーサーアンダーセン(現在KPMG)で 人事コンサルタントとして学んだ 外資の仕事術です。 日本の会社の人事部で2年間働いただけで、 アーサーアンダーセンのコンサルタント に転職した著者は、衝撃を受けました。 知識がない。 スケジュール管理できない。 文書を書けない。 上司と意思疎通できない。 「この...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■貴ノ岩を日馬富士関が暴行した問題で、 貴乃花親方と日本相撲協会とが 対立しています。 日本相撲協会は、巡業部長として 報告しなかった貴乃花親方を理事解任。 貴乃花親方は報告したと証言しており、 主張している内容が合いません。 そうした状況で、 貴乃花親方とはどういう人なのだろうと、 手にした一冊です。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(80点)■ハーバード大学ウクライナ研究所で まとめられた1930年頃の ウクライナで行われた農業の集団化と その結果についてまとめた一冊です。  当時のソビエト連邦では 権力を掌握したスターリンが 農業集団化を強引に進めました。 その方法は、豊かな農民を銃殺し、 その家族をシベリアに強制移住させる というもので...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■アメリカの大学講師 カナダの大学准教授による 「幸せ」についての講義です。 学術的に「幸福」を考えることの 良い点は、データを取って 考えるということでしょう。 例えば、収入がいくら増えても、 年収750万円を超えると 幸福度はそれほど増えないという 研究結果を示しています。・「物質的満足」と「幸せ」...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■著者の横山さんは、 40歳まで借金まみれの どん底生活でした。 自分は株式投資に失敗し、 父親の会社も倒産して一家離散。 仕事でも営業マンとして頑張って、 調子に乗って上司を批判したら 左遷され、うつ病を発症。 ところが成功者の真似をはじめたら 一転、上場会社の常務となり、 関連会社社長で転出。 今...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■都市銀行で富裕層を担当していた 著者が教える富裕層の特徴です。 富裕層、大金持ちの定義は、 土地や家屋を除いた 金融資産で5億円以上です。 著者の顧客だったのは、 開業医、会社オーナーが 多かったらしい。・大金持ちは、ご褒美をまず周りの人に 与えてから、最後に自分です。 大金持ちには、開業医や会社オー...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■来年4月の天皇陛下退位をひかえ、 天皇皇后両陛下についての テレビ番組が増えています。 この本を読むと いかに天皇皇后両陛下が、 国民に寄り添ってきたか。 いかに天皇皇后両陛下が、 被災者に心を寄せていたのか、 ということが伝わってきます。・東日本大震災の五日後に流された 異例のビデオ・メッセージ・・...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■電通新入社員だった高橋まつりさんが 自殺に追い込まれた事件の後に 書かれた一冊です。 著者は博報堂OBで、 著者の印象としては、 100時間の時間外は普通。 自殺の原因は、書類送検された 上司のパワハラだったのではないか としています。・電通新入社員だった高橋まつりさんが 自殺に追い込まれた件について...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■中国の紀元前の春秋戦国時代を舞台とした マンガ「キングダム」を引用し、 組織で生きていくためのコツを 提示した一冊です。 読んでいる最中に、 ちょうどテレビで貴乃花親方が 貴ノ岩暴行事件について語っていました。 正義を貫く貴乃花親方ですが、 残念ながら組織とはそういうものだと 納得しながら読みました。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■売れない住宅メーカーの営業マンが、 公園でサボっていたら 伝説の経営者と出会いました。 仲良くなった営業マンに対し、 伝説の経営者は週一回、 目標達成の達人になるコツを 伝授してくれるという。 ただし、条件が一つだけあって それは、自分らしい目標を 設定すること。 他人に憧れるあまり、 他人と同じ目...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■どうして地元の新聞は、 反政府、反沖縄基地、反自衛隊 なのかなあと思いながら 手にした一冊です。 一つの理由は、 地方紙が共同通信の記事を参考に 記事や社説を書いていること。 極端に言えば、 人材が少ない地方紙では、 微修正するだけで共同の記事を そのまま出すこともあるらしい。 そして、その共同通信...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■お笑い芸人でありながら 占い師「新宿の母」に弟子入りして、 占い師「代々木の甥」を襲名した 手相を見る芸人:島田さんの一冊です。 手相占いの本かと思ったら、 良い人間関係を持っている人の 良い「ご縁」の秘訣でした。 占いをするときに、 こうした良い「ご縁」のコツが 役立つのでしょう。・ご縁に恵まれてい...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■ジェフユナイテッド市原を育て、 2006年サッカー日本代表監督に就任した オシム監督の一冊です。 2007年に脳梗塞で倒れる前に 書かれたもので、 日本人への最後のメッセージに なっています。 まず、日本人は良いものを 持っている。 だから、日本人は自身の特徴を 最大限利用して 育てることが大事だと...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■韓国が言い続ける「歴史問題」の本質は 何なのか、過去にさかのぼって 歴史を振り返る一冊です。 まず、確認すべきは、 韓国が国家として日本の悪口を 世界中で拡散していることです。 日本人から見れば明かな嘘も、 ひたすら言い続けることで 事実として国際社会に認められることを 韓国人は知っているのです。・韓...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■10年前に北海道の夕張市が破綻しました。 1万人くらいの町で、借金は500億円です。 本書は夕張市の財政再建計画、つまり 人件費削減、住民サービスのカットに対する 著者の感想と意見となっています。 日本の人口が1億人で、借金が1000兆円。 現在の日本政府のほうが厳しい状況にあり、 夕張を考えることは、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■テレビの「胸がスカッとする話」で 客からのクレームへの 神対応を紹介していました。 クレームへの言い方しだいで 大揉めになったり、 簡単に収まったりする。 難しいですね。 クレーム対応はまず謝る。 相手の怒りを受けとめることから 始めるのが基本のようです。・「お買い上げいただいた商品でご不便を  お...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■平和安全法制(安保法制)、 テロ等準備罪、加計学園問題・・ 様々な政治問題が テレビで報道されています。 しかし、どうしてテレビ番組は、 正しい情報提供よりも 視聴者をコントロールしようとするのか? そうした状況のデータを 集めた一冊です。・テレビは加計問題「閉会中審査」をどう報じたか? 前川喜平前文...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■電通の新入社員、高橋まつりさんが 自殺した事件がありました。 それからマスコミでは、 電通の長時間労働が問題とされていましたが、 自分の経験から 長時間労働だけでは人は簡単に死なない。 私の仮説は、上司が高橋まつりさんを 個人攻撃したことによるうつ病です。 言葉による攻撃は、証拠が残りにくく その攻撃性...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■1999年に書かれた 「地震の後で」という副題で書かれた 6つの短編小説です。 地震とは1995年の阪神・淡路大震災 なのでしょう。 人の命、人生についての コメントが多い印象でした。 でも、それぞれの小説が、 まったく違う場所、境遇、 不思議な空間でした。・「小説を書いていたの?」 淳平はうなずい...

続きを読む

スポンサードリンク



記事一覧

googleのお薦め

>月別(2002年7月~)