無料メルマガ購読

★5一流に学ぶの最近の書評

【私の評価】★★★★★(93点)■ある人が、改革はそこにいる人が 気づかないうちに完成させるのが コツだと言っていました。 改革とは、職場の悪い勢力から 職場の主導権を奪い取ること。 だから、改革しようとしたら 社員が気が付かないように 「空気」を変えてしまえばいい。 逆に気づか...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■数学者の藤原正彦さんが若き頃、 米国の大学で教鞭を取ったときの 思い出です。 作家の新田次郎の次男だけあって 自分の感情と失敗談を 面白く描写してくれます。 海外に出ると未知への不安と、 母国を客観的に見れるために 愛国心が刺激されるのは だ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■「ななつ星in九州」、 883系「ソニック」、 885系「かもめ」などを デザインした水戸岡さんの一冊です。 水戸岡さんの列車のデザインは 正直、かっこいい。 しかし、その"かっこいい"を 実現するためには、猛烈な反発に 立ち向かわなくてはな...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■放送作家から大作家となった 百田尚樹さんの一冊です。 失言で攻撃されることが多い 百田さんですが、 失言をやめるつもりは ないようです。 なぜなら、失言の多くは、 たとえ話の一部を引用して 曲解して批判しているから。 具体的事例が提示されてい...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■著者は、住友商事で鉄屑取り引きを 日系商社トップにまで拡大。 その強みは、鉄屑の目利き。 鉄屑を一目見ただけで、 その重量、品質がわかるのです。 そして鉄屑相場情報収集から 買い入れ、売却まで 一人で仕切っていました。 その実績を買われ、 40...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■納税日本一の斎藤一人さんが、 仕事で成功するコツを 教えてくれます。 食えるようになるまでは、 一流のお店を真似して レベルを上げる。 こだわって、こだわって、 試行錯誤しながら、 レベルを上げていくのです。・ものごとってこだわりなんだよ。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■「夢をかなえるゾウ」の著者が贈る 手紙の書き方です。 わかりやすいと感じたのは、 例として有名人の手紙が 10個以上紹介されているからです。 悪い例。 有名人の手紙。 良い例。 という構成が素晴らしい。・「具体的であること」 これは基本的なこ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■キリンビールのサラリーマンから 実父の突然の死により 実家の居酒屋チェーンを継ぐこととなった 湯澤さんの一冊です。 居酒屋チェーンの経営は 年間売上げ20億円に対し 40億円の借入金。 店舗も問題が山積みで、 板前がマージャンをしていたり、 売...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■「痛くない極細の注射針」を プレスでの 大量生産を可能とした岡野さんの一冊。(「カネは後からついてくる!」を 改題・再編集したものです。) 岡野さんは 誰もやらない難しい仕事、 誰もやらない儲からない仕事を やってきました。 それは金型屋の岡野...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■「永遠の0」 「海賊とよばれた男」の 百田さんの一冊です。 百田さんは、 書くより話すほうが 100倍好き。 その雑談の技術は どうなっているのでしょうか。・「つかみ」に無神経な作家に、 面白い小説が書けるわけがない、 と思っています(p24...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)