無料メルマガ購読

★5政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★★★(95点)■日本の歴史を百田氏の視点から 総括した一冊です。 歴史とは人それぞれの解釈があり、 歴史の流れを学ぶなかで 日本という国をどう見るのか。 これは人それぞ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■フジテレビから「横領」で処分され、 処分に納得できないことから退職した フリーアナウンサー長谷川さんの告白です。 長谷川さんは、 『発掘!あるある大辞典』...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■平成8年に出版された一冊です。 平成8年といえば、 平成5年に河野洋平の内閣官房長官 従軍慰安婦談話が発表され、 平成9年度から歴史教科書に「従軍慰安婦」...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■元財務官僚の高橋さんが、 移民増加政策に反対する一冊です。 労働力不足、人口減少を解決するために 移民を増やすことが、 なぜ問題なのでしょうか。 それは...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点)■「歴史教科書がひどい」という話を聞きますが、 それを具体的に示した一冊です。 この本では東京書籍と育鵬社の 中学歴史教科書を比較しています。 平成28年度...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■三井物産から三井石油開発で海外の 石油資源開発を行ってきた著者が、 日本の戦前、戦中の石油政策を 調べました。 日本は、アメリカによる 石油輸出全面禁止...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■歴史は教科書を読んでいても分からない。 歴史の本質は、もっと別のところにある、 という谷沢さんの一冊です。 歴史を知るためには、 伝記、歴史小説が参考にな...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■元財務官僚であった高橋さんの一冊です。 リアリズムとは現実を直視し、 データに基づいた現実的で効果のある手を 打っていくことです。 まず、経済については、...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■1981年に発足した第二次臨時行政調査会 (土光臨調)で、東急電鉄取締役の著者と 伊藤忠商事副会長の瀬島龍三は、 共にメンバーとして同じフロアで 仕事をし...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■幕末の歴史書は多数ありますが、 この本は明治維新が単なる クーデターであったという立場の 珍しい一冊です。 戊辰戦争は薩長連合が 幕府の混乱を利用して起...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)