本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「日本国民に告ぐ 誇りなき国家は滅亡する」小室 直樹

本のソムリエ 2018/12/31メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国民に告ぐ 誇りなき国家は滅亡する (WAC BUNKO 282)


【私の評価】★★★★★(90点)


要約と感想レビュー

 平成8年に出版された一冊です。平成8年といえば、平成5年に河野洋平の内閣官房長官の従軍慰安婦談話が発表され、平成9年度から歴史教科書に「従軍慰安婦」が記載されることが決まった時期。


 朝日新聞は平成26年に慰安婦報道の記事を訂正していますが、平成8年の時点で著者は「従軍慰安婦」は根も葉もない作り話と断言しています。どうしてこうした作り話が、歴史教科書に記載されることになってしまったのか、平成8年の時点で批判・解説しているのです。


 特に1993年に河野洋平が、根拠が見つからなかったにもかかわらず慰安婦を認めた内閣官房長官談話については、韓国とすり合わせをしたものと言われていますが、その後の慰安婦問題を事実と他国が考えることになった重要な転換点であったと憤りを隠していません。


・「従軍慰安婦」問題が全教科書に登場することになった最大の原因は、この平成5年8月4日、当時の内閣官房長官・河野洋平が、まったく根拠がないのに「慰安婦関係調査結果発表に関する内閣官房長官談話」を発表したことに始まる(p24)


 日本という国家を滅亡させようという勢力の組織が、次のパターンで工作活動を行っているというのが著者の分析です。


 まず、その組織の日本人がネタを探し、体制構築とPR活動を行います。韓国での慰安婦問題では、福島瑞穂や高木健一などの弁護士が原告になる元慰安婦を募集しました。そして朝日新聞や共同通信などに浸透した記者が慰安婦についての記事や、歴史教科書の書き替えなどの捏造報道で世論を動かしていくのです。


 そうしたマスコミ騒動を根拠として中国、韓国政府が日本政府を批判し、日本国政府内に浸透した政治家が妥協的な判断を強制するという一つの成功パターンが形成されているのです。


・そのパターンとは・・反日的日本人が騒ぐ→マスコミが騒ぎを拡大する→それを奇貨として外国が干渉してくる→日本政府が内政干渉に屈する(p47)


 これらの組織に属する活動家は、ソ連が崩壊し、社会主義、マルクス主義の正当性がなくなったことにより、方針を転換したかのように装い、リベラルと称して日本の歴史問題を攻撃することに焦点を移してきたのです。つまり、社会主義、共産主義を信奉してきた人たちが、体制転覆を行う手法として歴史問題に注力し、これが成功してきたといえるのでしょう。


 そして愛国心を主張する人に対しては、右翼、軍国主義者、ファシスト、差別主義者と批判していくという方針を、中韓政府とも連携を取って活動しているのです。そうした活動家が、大学やマスコミや政治家の中に浸透していることが、著者の危機感なのだと感じました。


 著者には、このまま日本に誇りを持てない嘘が書かれた教科書で教育が行われれば「日本滅亡」という活動家の目標が達成されてしまうという危機感があります。教科書問題については今後もフォローしていきたいと思います。小室さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・この年(平成元年=1989年)・・・忌まわしき「従軍慰安婦問題」が日本人から持ち出された。この年、「朝日ジャーナル」に、日本国は朝鮮と朝鮮人に公式陳謝せよ」との意見広告が、半年間にわたって掲載された(p18)


・藤岡教授は論断する。「たとえば、自民党の奥野誠亮元法務大臣が『慰安婦は商行為ではないか』というごく当たり前のことを述べたのに対する朝日新聞の報道は、本当に『商行為』であったのかどうかという事実の検証ではなく、そういうことを言うこと自体をアジアの女性を侮辱するものだとして断罪(p52)


・「従軍慰安婦」問題は根も葉もない作り話である・・論じること自体がタブーとなった・・・まるでカルト教団そっくりのやり口である(p55)


・禁忌、人身攻撃が、教科書問題をめぐって盛んに行われている・・・問題は反対言論の封殺だけにあるのではない・・・日本のマスコミが実証的検証を怠っている!(p51)


・宮澤長官は、「政府の責任において(教科書の記述を)是正する」との談話を発表した。まってく必要ないことである。必要がないだけではない。これ以上の失政はありえない。ビスマルクは言った。「外国の要請で国内政治を麻痺されることは愚の骨頂である」と・・外国の圧力によって教科書の検定基準を改める!(p125)


・学校教育で教えるべきは、自国への忠誠と敬愛である。つまり愛国心である「愛国」教育はアメリカに限らず、世界中の学校教育に共通のものである・・オーストラリアの学校では、生徒は機会あるごとに、「私は神とわが祖国とを愛する・・イタリアの教科書(小学二年生用)には「偉大なる国旗のもとに、われわれは・・(p285)


・平成7年が「戦後50年」に当たることから、再び、日本の「侵略戦争」を非難したり、日本はアジアに謝罪すべきだとする論調が活発になった。こうした論調を掲げているのは、ほとんどが、昨日までマルキスト、「進歩的文化人」、「戦後民主主義者」を自称してきた連中である(p327)


・マルキシズムが否定された今日、「革命」「資本主義没落」「資本主義こそ諸悪の根源」などのマルキストにとって最も大切なスローガンは、もはや通用しない・・・何とか余喘(よぜん)を保つには、どうするか・・思いあぐねたすえ、思い出した・・・「日本は侵略国家である」・・「日本は過去に悪いことばかりしてきた」(p46)


・なぜ、大東亜戦争に感謝するアジアの声を伝えないのか・・・たとえば、タイの元副首相・元外相タナコット・コーマン氏は言う。「あの戦争によって、世界のいたるところで植民地支配が打破されました・・・また、マレーシア・マラヤ大学のサイド・フセイン・アラタス副学長も言う。「先の戦争にあたって、日本の皆様が私たちの独立を大きく助けてくださいました・・(p265)


・戦後、日本人はGHQによって、日本人としての誇りを奪われた。しかし、戦前の日本はそうではなかった。学校でも家庭でも日本人であることに誇りを持てと、繰り返し教育した。誇りは規範や倫理の根本である。特に、軍人は「お前らは日本人の鑑になれ、手本になれ」と教えられた。一般の日本人も、「兵隊さんだったら悪いことはしない」と当然のように思っていた(p296)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


日本国民に告ぐ 誇りなき国家は滅亡する (WAC BUNKO 282)
日本国民に告ぐ 誇りなき国家は滅亡する (WAC BUNKO 282)
posted with Amazonアソシエイト at 18.12.30
小室 直樹
ワック (2018-09-18)
売り上げランキング: 50,242


【私の評価】★★★★★(90点)



目次

第1章 誇りなき国家は滅亡する・・
・・謝罪外交、自虐教科書は日本国の致命傷
第2章 「従軍慰安婦」問題の核心は挙証責任
・・なぜ、日本のマスコミは本質を無視する
第3章 はたして、日本は近代国家なのか
・・明治維新に内包された宿痾が今も胎動する
第4章 なぜ、天皇は「神」となったのか
・・近代国家の成立には、絶対神との契約が不可欠
第5章 日本国民に告ぐ
・・今も支配するマッカーサーの「日本人洗脳計画」
第6章 日本人の正統性、復活のために
・・事実に基づく歴史の再検証が不可欠なとき
附録 東京裁判とは何であったか


著者紹介

 小室 直樹(こむろ なおき)・・・1932年生まれ。大学卒業後、フルブライト留学生となり渡米。マサチューセッツ工科大学、ミシガン大学、ハーバード大学で、経済学、心理学、社会学、統計学を学ぶ。その後、東京大学大学院法学政治学研究科修了、法学博士。社会、政治、経済について評論家として活躍。著書多数。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: