本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本人のための宗教原論―あなたを宗教はどう助けてくれるのか」小室 直樹

(2012年2月16日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人のための宗教原論―あなたを宗教はどう助けてくれるのか

【私の評価】★★★★★(93点)


■キリスト教の国、イスラム教の国で
 仕事をしたことがありますが、
 あまり宗教の話はしませんでした。


 しかし、実際には宗教というものが
 各国の人々の思考・行動に大きな影響を
 与えているのも事実だと思います。


 ということで、この本で
 宗教の基本を学びましょう。


・根本的な感じ方からいうと、日本にはまず人間が先にありき・・・ところが、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの啓典宗教においては、まず初めに神が厳然として、ある・・人間は神の被造物であり、生かそうとも殺そうとも神の意思のまま(p106)


■まず、ほとんどの宗教というものは、
 まず全能の神が存在するということ。


 そしてその命令に、
 人間は従わなくてはならない、
 という考え方で作られています。


 つまり、神が殺せといえば殺す。
 神が隣人を愛せよといえば愛する、
 ということです。


・「未開の地」に上陸したヨーロッパ人は、冒険家も宣教師も、罪もない現地人をバリバリ殺した・・・その答えは『旧約聖書』の「ヨシュア記」を読むとわかる・・神はどう答えたか。「異民族は皆殺しにせよ」と・・(p22)


■そして、キリスト教。
 基本的には「イエスを信じる」だけで
 救われる
というもの。


 寄付や儀式など外面的行動で救われる、
 などという考え方は、
 後の人が作り上げたもののようです。


 宗教も時代とともに、
 いろいろな流派ができ、
 中身も変わってしまう
 ということでしょう。


・「信仰のみ」(心でキリストを信じさえすればよい)であるべきキリスト教が、外面的行動である善行や修行を重んずるようになっていた。もっと悪いことに、(中世の)カトリック教会は、外面的行動に他ならない秘蹟という儀礼によって、信徒に神の恩恵を与え、救済を保証することにもしていた(p127)


■そして、イスラム教、
 仏教、儒教といくのですが、 
 説明の時間が過ぎてしまいました。


 あとは、この本を読んで
 学んでいただきたい
 と思います。


 自分の無見識を再確認したということで、
 ★5つとしました。


 小室さん、
 よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・キリスト教、仏教、イスラム教、ユダヤ教、儒教、このなかでいわゆる天国と地獄がある宗教をすべて挙げよ。答えは出ましたか?正解は、天国と地獄があるのはイスラム教だけである(p60)


・「なにごとであれ祈り求めることは、すでにかなえられたと 信ぜよ。そうすれば、そのとおりになるであろう」(『新約聖書』「マルコの福音書」第11章24)これはイエスが発見した真理である(p74)


・ヤハウェは罪を赦さない。命令にそむけば鏖(みなごろし)である・・・ところが、日本人には心から悔い改めた者は赦すべきだという思い込みがある・・世界的にも歴史的にも常識外れな考え方(p297)


・仏教の場合すべては空である。実体を考えてはいけない。したがって、魂もなければ、地獄も極楽もない(p199)


・では儒教の目的は何か。答えは単純明快で、高級官僚を作るための教養を与える宗教である(p331)


・官僚制度・・弊害を制御するため・・アメリカでは・・大統領、政権党が変わったときに、原則として高級官僚を全部入れ替える・・・ソ連のスターリンシステム・・・これは高級官僚を大量に粛清する(p345)


・明治政府は富国強兵を目指す国家政策上・・天皇を神とした、新しい宗教を作り上げなければならないので、既存の都合の悪いものは全部つぶして新設の天皇教に改めさせた、とこういう構図なのである。(p380)


【私の評価】★★★★★(93点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: