本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

小保方さんは主犯ではない「STAP細胞 事件の真相」佐藤貴彦

2020/11/24本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(91点)


内容と感想


■小保方さんのSTAP細胞は何だったのか、
 なぜ笹井芳樹氏は自殺しなくては
 ならなかったのか、解明する一冊です。


 普通の人のSTAP細胞の理解は、
 「小保方さんがES細胞を使って
 STAP細胞を捏造した」でしょう。


 これは毎日新聞記者の書いた
 「捏造の科学者 STAP細胞事件」や、
 NHKスペシャル「STAP細胞 不正の深層」
 は、この筋書きで書かれたものです。


 しかし、これらは事実を伝えている
 わけではなく、印象操作、仕組まれた
 ストーリーであると考えられます。


・公正さの欠如・・・事件の対象者である若山氏の試料の保全がなされておらず、そこから証拠試料が提出されている・・・試料を解析したチームの中にも悪意のある人物が潜んでいることが疑われる(p146)


■まず、当時客員研究員であった小保方さんは
 チームリーダーである若山照彦氏の指導のもとに
 STAP細胞を作っていました。若山氏は
 STAP細胞からSTAP幹細胞を作っています。


 若山氏は指導者として小保方氏に
 「こんな図がほしい」
 「これでは論文で使えない」など
 データを偽装するよう誘導していた。
 これは若山氏も認めていることです。


 STAP細胞が問題となったとき、真っ先に
 論文取り下げを提案したのが若山氏。
 STAP細胞を第三者機関(友人)で分析し、
 記者会見で小保方さんに渡したSTAP細胞と
 小保方さんから返ってきた細胞が違うと
 公表したのも若山氏。


 若山氏への取材に基づき書かれたのが
 毎日新聞の「捏造の科学者 STAP細胞事件」
 という書籍なのです。


 事件の中心の被疑者であるはずの若山氏が、
 保全されるべき証拠である細胞を勝手に
 第三者機関と詐称した友人に分析依頼し、
 誰かが細胞を差し替えたと公表し、
 それを信じるマスコミ。これはおかしい。


・若山氏は論文の撤回を呼びかけた。それと同時に、「第三者機関」に手持ちのSTAP細胞関連株の解析を依頼した・・・「第三者機関」というのは偽りであって、解析を依頼した相手は単なる個人的な知り合いに過ぎなかった。そして、その解析の結果・・・発表したのも、後に間違いであることは判明した(p73)


■NHKスペシャル「STAP細胞 不正の深層」では、
 意識的なのか無知なのかわかりませんが、
 明らかな印象操作が行われています。


 具体的にはNHKは何の関連もない3つの
 事実を、あたかも関連があるように
 放送しているからです。


 STAP細胞にはアクロシンGFPが
 組み込まれていた→若山研でES細胞に
 アクロシンGFPを組み込んでいた→
 若山研が山梨大学に持っていくはずだった
 ES細胞が小保方氏の冷蔵庫にあった。


 これでは、だれでも小保方さんが
 若山研からES細胞を盗んだかのように
 思うでしょう。


 しかし事実は、小保方さんはどの
 ES細胞を盗めばよいのか知識がなく、
 小保方氏の冷蔵庫にあったES細胞は
 アクロシンGFPが組み込まれていない
 うえに、保管されたのは時間的に
 かなり後で捏造に使えるはずがない
 ものだったのです。NHKはひどい。


・NHKスペシャルによる印象操作・・・太田氏はFES1をすべて持ち去っており、仮に一部を置き忘れたとしても、小保方氏がそれを入手することはほとんど不可能だったのである。ところが、NHKはそのへんの詳しい事情には一言も触れずに、ただ「アクロシンGFPが組み込まれたES細胞が若山研に存在していた」ということだけ放送した・・・さらに畳みかけるように、NHKは、「若山研究室が山梨大学に持っていくことになっていたES細胞が小保方氏の研究室の冷蔵庫から見つかった」と放送した(p90)


■マスコミは若山氏や理研内部からの
 情報リークに基づきSTAP細胞疑惑の
 報道を続けていきます。


 第三者による自己点検検証委員会では、
 若山研内の実験データ不正問題なのに
 若山氏は技術指導だけという理由で免責。


 最後の二か月、論文作成で指導しただけの
 笹井氏に全責任があるという不自然な
 結論となっています。


 著者は自己点検検証委員会の実働部隊は
 理研内部のグループダイレクターのチームで
 構成されておあり、悪意を持った人が
 紛れ込んでいたのではと推定しています。


 さらに最悪なことに一流の識者を集めた
 であろう改革委員会は提言書で
 「STAP捏造」が事実であることを前提に、
 笹井氏、小保方氏の所属するCDBの解体を
 提言しました。


 識者も誰もファクトを見てくれない。
 このタイミングで笹井芳樹氏は
 自殺するのです。


・改革委員会提言書の異常性・・・これらの批判は、すべて「STAP細胞が捏造である」という前提があってこそ意味がある指摘だ・・・この時点では、まだ公式な調査委員会によって発表された不正は二つにすぎず、しかも、STAP細胞そのものを捏造と断じるような性格のものではない。現に、調査委員会もSTAP細胞の真贋そのものには触れていない(p123)


■これまで読んだ本の中では
 もっとも合理的、論理性のある
 内容でした。


 STAP細胞事件は、マスコミのレベルの低さ、
 報道や空気に流されやすい日本の風土、
 ファクトではなく政治力に左右される理研
 内部や改革委員会の実像を明らかにしました。


 STAP細胞の真相をもっと多角的に
 理解するために、関連書をさらに
 読んでいきたいと思います。


 佐藤さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・若山氏は不正事件の調査対象者(調査される側)であって、調査をする側ではない・・・それを、あたかも自分が調査する側であるかのうように振る舞い、勝手に資料を解析に出して、その結果を公に発表するというのは、とんでもない越権行為であった(p74)


・返ってきたSTAP細胞には・・・「僕の研究室にはないマウス」と若山氏は述べた。どこかでマウス(あるいは細胞)がすり替えられたと考えられた・・・さらに、その日の夜のNHK7時のニュースで、「小保方氏の冷蔵庫から『ES』と書かれた容器が見つかり、STAP細胞と遺伝子の特徴が一致した」という報道がなされた。まさに絶妙のタイミングである(p74)


・主要な四人の中で、STAP細胞をあっさり否定したのは、若山氏だけなのである・・・自分のこの目で見たものを、こうもあっさりと否定できるものだろうか・・・つまり、若山氏の態度を決定しているものは、自分の目で観察した事実ではなくして、別の要因であると思われるのである(p163)


・小保方氏は、ネイチャー論文のテラトーマ画像のうち、あるものはES細胞を使って捏造しておきながら、あるものは博士論文の画像を私用したということになる。なぜ、そのような中途半端なことをする必要があるのか(p52)


・岸輝雄委員長自身が「ヨーロッパの友人から『今回の不正は、世界の三大不正の一つに認知されてきた』というメールをもらった」などと述べている・・・岸氏個人の、誰とも知れぬ友人が何と言おうが、STAP細胞の真贋には何の関係もない。なんとも無責任で軽率なことを言う人物である(p130)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

佐藤貴彦、パレード


【私の評価】★★★★★(91点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 でっち上げられた窃盗容疑
第2章 悪意の証明
第3章 小保方氏の不正問題
第4章 過剰な期待
第5章 画策
第6章 自己点検検証委員会の欺瞞
第7章 改革委員会提言書の異常性
第8章 桂調査委員会報告書の矛盾
第9章 『あの日』について
第10章 小保方氏の博士論文


著者紹介

 佐藤貴彦(さとう たかひこ)・・・名古屋大学理学部卒。


STAP細胞関連書籍

「STAP細胞 事件の真相」佐藤貴彦
「STAP細胞 残された謎」佐藤貴彦
「あの日」小保方 晴子
「捏造の科学者 STAP細胞事件」須田 桃子
「STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~」渋谷 一郎
「STAP細胞に群がった悪いヤツら」小畑峰太郎


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: