本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「STAP細胞 残された謎」佐藤貴彦

(2020年11月13日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(83点)


内容と感想

■STAP細胞とは何だったのか。


 2014年に「STAP細胞はあります!」と
 記者会見で小保方さんが断言したのが
 印象的でした。


 STAP細胞について小保方さんは
 マスコミから徹底的に叩かれましたが、
 調査報告の杜撰さが指摘されたり、
 真相は違うのではないかとの
 意見があるのです。


 あやしい匂いがするので
 調査してみることにしました。


・桂調査委の報告書は、「B6由来のFI幹細胞の正体は、ES細胞90%、TS細胞10%の割合で混ぜたもの」という点に関して遠藤論文と同じ結論を出している。ところが、にもかかわらず、B6由来のFI幹細胞の現物は見つからなかったといのである(p172)


■この本で指摘する調査結果の疑問点を
 挙げていきましょう。


 まず理研の報告書では、STAP細胞は
 ES細胞由来と結論付けています。


 では、STAP細胞を捏造するために
 小保方さんがES細胞を若山研究室から
 盗んだのでしょうか。


 実は小保方さんは、マウスの系統など
 についての知識がなく、捏造するに
 適したサンプルを自分で選ぶことは
 できなかったのです。


・ラベルを読めない小保方氏が、若山研に残された種々雑多なサンプルの中から偶然手にしたものが、たまたまSTAP細胞と系統(129B6)が一致していたというのも、出来すぎた話である(p57)


■また、若山氏は小保方さんから
 STAP細胞をもらってキメラマウスを
 作る作業をしていました。


 若山氏は、失敗続きだったが、
 手法を変えたらキメラマウスを
 作ることができたと発言しています。


 仮に小保方さんの単独犯とすれば、
 若山氏が手法を変えた瞬間に
 小保方さんがES細胞をSTAP細胞として
 若山氏に渡したことになり、
 話に無理があります。


・若山氏は朝日新聞のインタビュー(2月6日)に対して・・・「最初はES細胞と同じ手法で試みたが、一年半ものあいだ失敗が続き、ES細胞と異なった手法を試したところ、いきなり成功した」・・・この事実は、「STAP細胞=ES細胞」であるという説と真っ向から矛盾する。もし、STAP細胞が最初からES細胞であったのだとすれば、一年半ものあいだ失敗し続けることはあり得ない(p77)



■真相はどこにあるのでしょうか。
 名探偵コナンより面白い。
 続編の「STAP細胞 事件の深層」を
 購入しました。


 だいたい深層は予想していますが
 書籍が送付されてくるのを
 待ちましょう。


 それにしてもこれだけ大々的な問題と
 なった事件なのに、NHK,新聞などで
 不公平・杜撰かつ印象操作的な報道が
 あったようで残念なことです。


 佐藤さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・この調査の欠陥として大きなものは、裁判制度でいうところの「証拠保全」がなされていない・・・若山研は山梨大学へ多くのSTAP細胞を移管している・・・もし若山研究室を経由して解析に供されたのであれば問題がある。若山氏は、マスコミでは善良な第三者としての扱いを受けているが、あくまで事件の当事者であり、事件の調査対象者であり・・事件の調査の進行中に、重要な証拠物がそのような人物のもとに保管され、その人物の任意に提出されるという状況は到底理解しがたいものがある(p105)


・もし、交配ミスの生じる可能性が全くないというのであれば、STAP細胞の正体はアクロシンES細胞の混入以外にはありえないのであり、この時点で捏造であることは確定する。しかし、若山氏自身が一度は交配ミスと判断したのであれば、やはり交配ミスの「可能性」は皆無ではなかったということになる(p29)


・NHKスペシャル『調査報告STAP細胞 不正の深層』・・・この番組では、(1)STAP細胞にアクロシンGFPが組み込まれていた。(2)若山研では、アクロシンGFPを組み込んだES細胞が作られていた。(3)留学生の作ったES細胞が小保方氏の冷凍庫から見つかった。という話が順番に述べられている・・・ところが・・・留学生の作製したES細胞は、STAP細胞の捏造に用いられたとされるアクロシンES細胞とは何の関係もなかったのである(p23)


・明らかに不正と思われるのに、不正とは認定されなかった謎の画像がある・・・一方の画像はES細胞由来であり、胎児は光っているが、胎盤は光っていない。そして一方の画像はSTAP細胞由来であり、胎児も胎盤も光っている・・・若山氏自身が述べているように、実際には、ES細胞であっても胎盤は結構光る・・・これは明らかな捏造である(p144)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

佐藤貴彦 、パレード


【私の評価】★★★★☆(83点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 論文不正
第2章 NHKスペシャル『調査報告 STAP細胞 不正の深層』
第3章 「自家蛍光」説
第4章 再現実験の失敗
第5書 桂調査委員会の調査報告(その一)
第6章 石川智久氏による告発
第7章 再び「自家蛍光」
第8章 悪意の証明
第9章 不正の背景
第10章 四つの不正
第11章 桂調査委員会の調査報告(その二)
第12章 遠藤高帆氏の論文
第13章 TCR再構成
第14章 小保方氏の博士論文


著者紹介

 佐藤貴彦(サトウタカヒコ)・・・名古屋大学理学部卒


STAP細胞関連書籍

「STAP細胞 事件の真相」佐藤貴彦
「STAP細胞 残された謎」佐藤貴彦
「あの日」小保方 晴子
「捏造の科学者 STAP細胞事件」須田 桃子
「STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~」渋谷 一郎
「STAP細胞に群がった悪いヤツら」小畑峰太郎


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: