本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~」渋谷 一郎

(2017年2月21日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■STAP細胞ですべてを失った
 小保方さんを支持する一冊です。


 小保方さんは『あの日』の中で
 自分の潔白を説明しています。


 小保方さんの主張は、
 私はSTAP細胞は作りました。
 ただ、STAP幹細胞からキメラマウスまでは
 若山先生と若山研究室が作っていたのです、
 ということです。


・小保方氏は・・STAP細胞を作製し、若山氏に渡す。若山氏はSTAP幹細胞およびFI幹細胞を樹立して、若山研のメンバーとともにキメラマウスの作製や胎児や胎盤の形成を行い、論文化するという手順だ(p60)


■真相については理研の調査委員会が
 正式なものとなっていますが、
 この本での疑問は次の3つです。


 マスコミはアンチ小保方氏と思われる
 関係者の情報リークだけを参考に
 報道して、印象操作している。


 STAP細胞とSTAP幹細胞が
 同列視され、若山氏の責任が
 全く問われていない。


 若山氏から「あの日」への反論がない。


 反論や矛盾が検証されない
 現代の村八分、魔女狩り、組織的いじめ、
 と同じということです。


・どちらが正しいのか。『あの日』の記述は・・『捏造の科学者』の記述は間違っていますよと指摘している・・『あの日』には若山氏の行動に対する疑問や批判箇所が随所に登場する(p156)


■『あの日』に書かれてあること以外で、
 小保方さんを支える新たな
 事実はないようです。


 新たな"sengoku38"が出てくるしか
 真相は見えてこないのかもしれません。


 渋谷さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・スフェア細胞もキメラマウスの実験なしに論文化したように、いま実験を進めている研究も、キメラマウスにこだわらなくともよいのではないかと小保方氏は考えていた(p45)


・小保方氏はSTAP幹細胞、FI幹細胞およびキメラマウスの作製にはまったく関与していないのである。それでなぜ小保方氏のみ犯人扱いをするのか、まったく不可解である(p60)


・検証実験はほぼ論文通りに行われることになり、小保方氏も手足を縛られたような状況の下で検証実験に参加することになった。しかし、キメラマウスの作製に必要不可欠な若山氏の参加は見送られた(p116)


・「NHKスペシャル調査報告STAP細胞不正の深層」(7月27日)で何が問題なのか。・・誤りであったと訂正された6月16日の若山会見をそのまま内容に盛り込んでいることだ。そして、登場人物のすべてSTAP細胞の存在に疑念を持つ人たちばかりであったこと(p186)


・いち早く論文不正問題を批判し、小保方氏を厳しく追及した分子生物学会理事長(当時)の大隅典子氏、同様にTwitterで理研の姿勢を厳しく批判した理研の高橋政代氏、「日経サイエンス」誌の編集者である古田彩氏、同じく科学ライターの詫摩雅子氏、笹井氏、小保方氏らを批判的に取り上げ、『捏造の科学者』で大宅賞を受賞した毎日新聞記者須田桃子氏らである(p244)


STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~
渋谷 一郎
ビジネス社
売り上げランキング: 89,333

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



■目次

第一章 STAP細胞を発見するまで
第二章 小保方氏の最も幸せな時間
第三章 STAP細胞は存在すると言える4つの理由
第四章 STAP細胞の何が問題になったのか
第五章 問題個所は本当に問題だったのか
第六章 STAP細胞の捏造報道を検証する
第七章 早稲田大学の博士論文取り消しは正しかったのか
第八章 『あの日』出版の衝撃


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: