人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「解釈『空(くう)』の宇宙論―驚くべき重大発見 すべての謎を解く衝撃のカギ」糸川 英夫

2021/03/20公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「解釈


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


要約と感想レビュー

 1991年にロケット開発で有名な糸川先生が物質とは何なのか、真空、素粒子について考察した一冊です。1991年といえばスーパーカミオカンデの建設が始まった年であり、スーパーカミオカンデを使ってニュートリノの検出に成功した小柴先生がノーベル物理学賞を受賞しています。


 実は私たちは現在も真空とは何なのか、真空を光と電波がどうやって伝わっていくのかはよくわかっていないということなのです。


・今日に至るまで、光と電波が真空の中をどうやって伝わっているのかは疑問です(p104)


 測定できないものを私たちは認識できません。つまり神の領域は神にしかわからず人間は人間の領域で生きているのです。


 科学者としてはそうした世界の構造の未知の部分を知りたいという欲求が強くなるのはよくわかります。私たちが死ぬ前に、世界の構造が少しだけわかってくるはずです。期待しましょう。
 

 糸川さん、 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・色即是空・・・空は真空なんですが、実際はものがいっぱい詰まっている。空ではない物質、つまり色ですが、これは自分が出た後の反物質と出会えばまた空に帰すというわけです・・・お釈迦さまは宇宙の真理として見抜いておられた(p12)


・福井謙一先生は「フロンティア電子理論」というので、ノーベル化学賞を受賞されました・・・日本で新しい学説を取った人は、いつも日本人には認められないのです。「預言者郷土にいれられず」という大変悲しい言葉があります・・(p41)


・ロケットの研究をやったり、新しい仕事に手を出す度に、大変な大きな抵抗が日本社会にはありましたから、それを排除するために闘う中で、自分の近しい人に裏切られたときには、本当に死んでしまいたくなって、自殺を考えたこともありました(p79)


・mという質量のあったものが消えてなくなりますと、それに光の速度cの二乗をかけたエネルギーが発生して、それはまたプランクの定数hに、光の振動数ν(ニュー)をかけたものに等しくなるのです。その光の波が真空の中から飛び出して、二個の物質が消えてなくなって光と化すわけです。光は目方がありません。しかし振動数をもっているんです(p92)


・ホーキングの最新宇宙論・・・真空とな何もない状態ではなく、不確定性原理により許容される短い時間内で、絶えず粒子とその反粒子が対になって生成・消滅を繰り返している」と書いてあります(p96)


・我々は宇宙創成ビッグバン以来存在する"原始ニュートリノ"の海に浸っていることを知っている。しかし幽霊にふさわしく、我々に知覚されることもなく、未だに科学的に検知されることもない・・(p134)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「解釈


【私の評価】★★☆☆☆(68点)



目次

プロローグ 宇宙、まだ誰も明かさない秘密がこれだけある
1 ノーベル物理学賞湯川博士が私に示した宇宙解明への面白い手がかり
2 こんなに詳しくわかってしまう宇宙構造と量子力学
3 科学者である私がつきとめた一つの結論


著者紹介

 糸川 英夫(いとかわ ひでお)・・・・日本の工学者。(1912年7月20日生まれ、1999年2月21日没)専門は航空工学、宇宙工学。ペンシルロケットに始まるロケット開発で「ロケット開発の父」と呼ばれる。1967年、東大を退官し組織工学研究所を設立。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: