「新装版 逆転の発想 天才だけが辿り着いた「成功法則」」糸川 英夫

|

新装版 逆転の発想 天才だけが辿り着いた「成功法則」

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■1974年に書かれたロケット開発の父、
 天才、糸川教授の予言の書です。


 最も重要な点は、
 これは40年前に書かれた本ということ。


 原子力発電については、
 「放射性廃棄物の問題を技術的に解決できない
 とはっきり断言しています。


 今では当たりまえのようなことかもしれませんが、
 40年前でもわかる人にはわかるのですね。


・通産省(経済産業省)はエネルギー危機を回避するため、
 原子力発電所の開発を早めようという方針を発表した・・・
 しかし、核分裂による原子力発電は根本的にムリがあり、
 技術は放射性廃棄物の問題を解決し得ないだろう(p223)


■自然エネルギーの発展も予想している。


 工場が海外に移転されることも予想している。


 クローン技術が重要になることも予想している。


 日本の良いところも、悪いところも見えている。
 結果して、未来が見えるのでしょう。


・現地の労働力が全体の80%から90%を占め。あと10%か
 せいぜい15%ぐらいの日本人が他の労働力をマネジメントして、
 うまくコントロール・・・日本国内については
 5000万人が海外に出ると、人口が半分に減るから、・・・
 日本は全く緑の豊かな国になるはずである(p241)


■ノストラダムスの大予言並の
 予言の書だと思いました。


 「本質を見る目」がある人はいるのですね。


 糸川さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・"石油ショック"の時の日本外交・・・
 「アラブはどうですか、日本が何かやれることはありますか」
 ということから入れない。・・・
 「日本は今、非常に困っているのだが、なんとかしてくれないか」
 という自分の本音の方が、先に出てしまう(p41)


・すべての人間関係は自分の言うことに対して、
 いつも同意してくれる人と、ことごとく反対する人と、
 全く無関心な人というように三つのゾーンに分かれる。
 問題はBゾーンで、これをどうやってAゾーンへ引き込むかである。・・・
 要は、"自分の周りにいるBは何を言うか"十分な感度を
 整えておいて、その対策を立てることが大切である(p66)


・過剰防衛が人間の危機を生む・・非常に弱い生物だから、
 とにかく自分を守るということをまず考える・・
 実は防衛と攻撃は紙一重である・・・いまのうちに相手を
 たたいておけという考え方は過剰防衛以外の何物でもない。(p107)


・環境が変化した時、それに適応できな生物の一つの体系は
 90%が死に、10%が生き残り、・・・その死んでいく90%は
 エリートから順番に死亡し、底辺にいる10%が最後に残る(p68)


新製品の開発というのは一種の革命だから・・・
 賛成派は絶対少数が当り前、ということである。・・・
 要するに98%の反対をどうやって説得するかということ(p180)


・精神病を治すには、精神病患者が誰かのために
 役に立って、役に立ったことを相手から感謝される
 というシステムが必要である(p136)


・NASAのトラッキング部長は実に印象的であった。
 彼は当時、まだ28歳。その三時間におよぶ会議でなんと
 178分は沈黙していた。・・・最後にあと二分ぐらい
 という時になって、部長が「それでは会議をまとめます」
 と言って・・・ほとんど全員の発言をつなぎ合せて、
 実に見事なレポートをまとめ上げてしまったのである(p34)


新装版 逆転の発想 天才だけが辿り着いた「成功法則」
糸川 英夫
プレジデント社
売り上げランキング: 218,687

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■目次

アイデア社長時代は終わった
反企業時代の経営戦略
人間性とは何か
情緒過剰時代の生きがい
ポストエコノミー社会の経済学
新世代の新商品開発
エネルギー問題の末来
日本を救う五〇〇〇万人の民族大移動


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)