「神楽坂のマリエ ヤッさん2」原 宏一

| コメント(0) |

神楽坂のマリエ ヤッさんII

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■ホームレスなのに築地と高級料理店の
 頼れる情報通、ヤッさんにマリエという
 秘書ができました。


 マリエは神楽坂でお店を出していましたが、
 悪徳コンサルタントに騙され、廃業。


 ヤッさんとともに食の修行を
 することになったのです。


・ここいらでヤッさんを知らない
 食いもん関係者はもぐりだな(p15)


■そこで出会うのは、
 昔からの味を守る寿司職人と、
 新しい味に挑戦し対立する息子。


 インターネット集客に没頭して、
 混乱する蕎麦屋さん。


 日本食を学びに来た外国人との
 食文化の衝突。


 漁師を漁業の商業化の葛藤。


 現代の食にまつわる
 課題に巻き込まれるのです。


・最近は、こういうサイトでお店を探す人が多いから、
 実際に食べにいった人がつけた星の数と
 評価コメント
はけっこう見られているのね。
 ただ、コメントを書いているのは
 一般の人だから、ひどい書き込みも多いの(p117)


■最後は、予想どおりハッピーエンドで
 終わるようです。


 次作も期待しましょう。


 原さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・腹筋百回、背筋百回、腕立て伏せ百回がノルマだ(p17)


・店っていうのは、ただお客が集まりゃ
 いいってもんじゃないんだよ・・・
 店にはそれぞれ背負ってる役割があるわけ(p145)


・食文化ってものは味だけじゃないの。
 その土地の人たちの喜びも悲しみも、
 日常も非日常も、思想も哲学も、歴史も社会も、
 全部背負ってるの・・・だから、安易に避難したり、
 腐したり、笑い飛ばしたりしちゃダメ(p191)


神楽坂のマリエ ヤッさんII
原 宏一
双葉社
売り上げランキング: 207,899

【私の評価】★★★☆☆(79点)

■目次

神楽坂のマリエ
ワールドSUSHI
夫婦蕎麦
片言のヨナス
一本釣りの誠治
チラシの手帳


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)