【私の評価】★★★★☆(87点)■私の知り合いの韓国人は、 礼儀正しく、楽しい人ですが、 慰安婦問題や歴史認識のニュースを 見ると憂鬱になってきます。 報道番組では「日韓併合」ではなく 「日本による朝鮮のの植民地支配」と 表現するコメンテーターも多い。 本当の歴史とはどこにある...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■NHKスペシャル「人類誕生」を見て、 興味を持ち、人類進化について 3冊ほど入手。 ちょっと古いのですが、 この本が一番まとまりの 良い本でした。 この本の良いところは、 分かっていること、 推察していること、 分からないことを 明確にしてい...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■学校や資格の試験向けの暗記術を 読みたくて手にした一冊です。 この本の暗記1.0が、 試験を突破する暗記術。 暗記2.0は、仕事でも自己啓発でも アウトプットすることで 知識を定着させる方法。 そして暗記3.0は、 伝記やメンターに学び 成功思...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■毎年100人以上のクライアントが 結婚している!という カウンセラーが教える 運命の人と出会うコツです。 そのコツとは、 「ノートを書く」ことと 「縁結び旅行に出る」こと。 具体的には  運命のパートナーを引き寄せる  「マグネット・ノート」...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■サラリーマンから独立し 経営者となった小川さんと、 社内起業した俣野さんの一冊です。 お二人の共通点はお金持ちから 怒られたことがあること。 「このままではまずいよ!」 と叱られ、二人は、 人や本から学びはじめたのです。・小川は会社員時代、ある投...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■三重短期大学教授、札幌大学教授を 歴任した著者の勉強法です。 勉強とは真似ることだという。 著者は35歳で谷沢永一の書籍に出会い、 谷沢永一の真似をしました。 谷沢先生の本はすべて読み、 先生が批判する本を 読んでいったのです。・学ぶとは「真似ぶ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■1981年に発足した第二次臨時行政調査会 (土光臨調)で、東急電鉄取締役の著者と 伊藤忠商事副会長の瀬島龍三は、 共にメンバーとして同じフロアで 仕事をしていました。 言うまでもなく瀬島龍三は、 太平洋戦争開戦では、参謀本部において 陸軍のすべての...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■うどんチェーンといえば、 「丸亀製麺」「はなまるうどん」 でしょう。 この中で「丸亀製麺」の特徴は、 店舗で麺を作り、天ぷらは揚げたて、 ご飯は炊きたて、出汁は取れたて、 生姜も毎日社員がすりおろしている。 「丸亀製麺」はどこのチェーンも 真似で...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■この人のセミナー面白いな! と思いながら手にした一冊です。 著者はマクドナルドで最優秀店長、 国内、世界ですべての表彰を 受けています。 いかにアルバイトを育て アルバイトによって素晴らしい店を 運営していくのか。 それは店長の想いなのでしょう。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■若手医師がほとんど所属する 大学医局に属さずに、 外科医として修業を続けてきた 異色の医師が教える医師の本音です。 医師はお金持ちというイメージが あるかもしれませんが、 それ以上に仕事はブラックです。 専門にもよりますが、外科医などですと、 い...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■私の手帳はフランクリンプランナーですが、 娘の手帳をご紹介しましょう。 陰山手帳です。 陰山手帳は前半月単位、 後半は見開き1週間です。 右上に陰山コラムがある。 巻末は1行日記です。■興味深いのは、食事と睡眠時間を 記録するところがあるところ。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■ベートーヴェンは「第9」 「エリーゼのために」くらいしか わからない私ですが、本当の素顔の ベートーヴェンが分かると評判なので 手にした一冊です。 ベートーヴェンは1770年に現在のドイツ・ ボンで生まれました。 当時はドイツ連邦は存在せず、 3...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(64点)■国の国債発行残高は880兆円だという。 国債の償還・利払いが23兆円なので、 平均利率は2.6%。 国債の新規発行額も33兆円となっており もはや国債には頼れない状況に なっていることがわかります。 現在は、日本銀行が国債を買い入れ、 その残高は4...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■戦略とは、より少ない努力で より大きな成果を出すための 組織の方針です。 ビジネスにおいては、 自社が勝てる土俵で戦うこと。 資源をそこに集中する。 しかし、集中するとは、 他を切り捨てること。 普通の日本人には難しい。 結果して総花的な計画と...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■ある人が、改革はそこにいる人が 気づかないうちに完成させるのが コツだと言っていました。 改革とは、職場の悪い勢力から 職場の主導権を奪い取ること。 だから、改革しようとしたら 社員が気が付かないように 「空気」を変えてしまえばいい。 逆に気づか...

続きを読む
記事一覧

>月別(2002年7月~)