無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(71点)■1999年に人民解放軍の軍人が 21世紀の戦争、同時多発テロを 予言したと言われる一冊です。 現代の科学技術、情報技術を使えば、 簡単に敵国を攻撃すること...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■天皇陛下のお世継ぎ問題と同じように 江戸時代の徳川将軍のお世継ぎも 大きな課題だったようです。 現代とはちがって 江戸時代は平均寿命も短く 病気で簡単に...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■自治労とは、地方公務員の組合です。 組合員数は80万人。 地方公務員は地方公務員法により、 一定の政治的行為が制限されています。 ところが、自治労は組合活...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■ベストセラーということで 手にした一冊です。 水道事業の民営化、 外国人の土地買い占め、 種子法廃止・・など 農業、漁業含めて大切な点について 問題提...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■明るい人柄と巧みな話術で人を騙し、 金をその家族から引き出し、 虐待によって家族全員を奴隷にする。 恐怖感から家族を支配し、 家族同士を殺し合わせ、 7...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■2016年の民進党代表選挙の際、 候補者である蓮舫(れんほう)が 違法な二重国籍ではないかと 著者は指摘しました。 著者が疑問に思ったきっかけは 村田レ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■地球温暖化対策については、 京都議定書という苦い記憶があります。 世界一の省エネ国家が 地球温暖化防止対策として 日本はいったいくら支払ったのか。 電力...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■トランプ大統領と同じことを言っているなあ~ と思いながら手にした一冊です。 中国は確かにパクリ国家です。 そして日本はお人好し国家です。 ただ、アメリカ人...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■江戸末期、大倉喜八郎は、 新潟から東京に出て 商売をはじめました。 明治維新という激動の中で、 これから戦争になるという 確信のもとに武器商人となります...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■幕末、京都守護していた会津藩は、 戊辰戦争で幕府軍として戦いました。 当初は長州藩が朝敵でしたが、 孝明天皇が崩御し、 親幕府派の公家が排除されたことによ...

続きを読む

>月別(2002年7月~)