無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(72点)■トランプ大統領と同じことを言っているなあ~ と思いながら手にした一冊です。 中国は確かにパクリ国家です。 そして日本はお人好し国家です。 ただ、アメリカ人はお人好しではない。 アメリカ人は自分が不利になると分かれば、 自分が有利になるように 戦争も...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■江戸末期、大倉喜八郎は、 新潟から東京に出て 商売をはじめました。 明治維新という激動の中で、 これから戦争になるという 確信のもとに武器商人となります。 大倉喜八郎の有名なエピソードとしては、 旧幕府軍から連行され、 なぜ武器を売らないのか、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■幕末、京都守護していた会津藩は、 戊辰戦争で幕府軍として戦いました。 当初は長州藩が朝敵でしたが、 孝明天皇が崩御し、 親幕府派の公家が排除されたことによって、 会津藩が朝敵となってしまったのです。 京都での鳥羽伏見の敗戦から 江戸の無血開城。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■また、石油や石炭の価格が 上ってきていますね。 エネルギーの価格はどうやって 決まるのか?というのが 気になって手にした一冊です。 結論から言えば、 エネルギーの価格は 市場で決まるのです。・NYMEXのWTI原油もICEのブレント原油も、 単...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■地球温暖化が話題となっていますが、 地球は歴史上、温暖化と寒冷化を 繰り返してきました。 2世紀までのローマ温暖期から 寒冷化し 13世紀までの中世温暖期から 小氷期を経て 現在に至っているのです。 15世紀には寒冷化により 海面水位が1メート...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■学校で国歌を歌わない、 国旗を掲揚しない学校は 今でもあるのでしょうか。 この本では20年前の公立高校で 教職員から国歌斉唱、国旗掲揚を 妨害された校長の苦難が記載されています。 同時期、広島では同じように 国歌斉唱、国旗掲揚について 教職員と対...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■日本の少子高齢化の現状を 指摘した一冊です。 江戸時代末期3000万人だった日本の人口は、 2013年に1億2700万人でピークを打ち、 減少に転じています。 死亡率が減少し、寿命も延び、 経済的に成長してきたなかで、 日本人は子どもを 生まなく...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■人類としてのヒトの研究成果を まとめた一冊です。 人類は遺伝子で見ると非常に 似ているといいます。 つまり、いろいろな種類の人類がいましたが、 ほとんどは絶滅し、ごく少数になったものの アフリカで生き残った一部の人種が ここまで増えてきたということ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■リーマンショック後、民主党政権で、 東日本大震災前の一冊です。 日本は対外資産が潤沢で まだまだ大丈夫という 内容になっています。 (結果的に東日本大震災は、なんとか 乗り越えることができました。) ただ、民間のGDPの減少を 政府が借金で肩代わ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■世界史というと敷居が高いので、 まずは雑誌からと手にした一冊です。 テーマは脈絡がなく幅広い。 なぜローマは滅んだのか。 ニュートンの素顔。 ペルシャからイランの歴史。 マキャヴェリは なぜ「君主論」を書いたのか、などは、 ただ「君主論」を読むよ...

続きを読む

>月別(2002年7月~)