無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(76点)■なぜ日本は英米と戦争をすることに なってしまったのか、 調査した一冊です。 結論から言えば、英米との国力の差が 20対1、10対1くらいあることは だれ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■2012年の書籍です。 2012年といえば、3年にわたる 民主党政権が終わった年です。 民主党は、沖縄で普天間基地移転を潰し、 日米関係の破壊に成功し...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■ローマ史の専門家である著者が、 編集部からの「ローマはなぜ滅んだか」 というテーマに回答した一冊です。 専門家の立場から言えば、 ローマ滅亡には多くの要因...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■本書のタイトル 「瀬島龍三とは何だったのか」というのは 私も同じ思いです。 瀬島龍三氏は、太平洋戦争において 日本陸軍参謀本部作戦課で事実上の作戦主任...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■TBSサンデーモーニングの コメンテーター寺島実郎(じつろう)氏は どのような歴史認識を持っているのか 知るために手にした一冊です。 この本の内容は寺島...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■元日経記者が書く新聞の読み方です。 新聞社も一つの企業組織ですので、 内部の仕組みを知ることが 大切なのでしょう。 新聞社では、記者が記事を書き デスク...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■私の米国の電力自由化のイメージは、 1992年にIPP(独立発電事業者)が認められ、 1996年の発電・送電の機能分離、 送電線の第三者への解放が義務付けら...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■1999年に人民解放軍の軍人が 21世紀の戦争、同時多発テロを 予言したと言われる一冊です。 現代の科学技術、情報技術を使えば、 簡単に敵国を攻撃すること...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■天皇陛下のお世継ぎ問題と同じように 江戸時代の徳川将軍のお世継ぎも 大きな課題だったようです。 現代とはちがって 江戸時代は平均寿命も短く 病気で簡単に...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■自治労とは、地方公務員の組合です。 組合員数は80万人。 地方公務員は地方公務員法により、 一定の政治的行為が制限されています。 ところが、自治労は組合活...

続きを読む

>月別(2002年7月~)