本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「もし地球からアレがなくなったら?」渡邉克晃

本のソムリエ 2021/01/30メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もし地球からアレがなくなったら?」渡邉克晃


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


要約と感想レビュー

■○○がなくなったら・・・という切り口で、
 地球の科学を学ぶという一冊。


 大学受験は化学だったのですが、
 大潮のときは太陽と月と地球が一直線
 というのは知りませんでした。


 また、金星はほぼ自転していないなど
 知っているようで知らないことが
 多いのに驚きました。


・大潮になるのは、太陽と月と地球が一直線上に並んだときなのです(p26)


■ニュートンにしろガリレオにしろ
 地球科学というものは知的で
 世の中の仕組みを知ることです。


 こうした自然科学の知識は
 純粋に知りたい、知ってびっくりする、
 探求して楽しむものなのでしょう。


 渡邉さん
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・太陽系の天体以外で最も明るい星はシリウスですが、満月の明るさはその3万倍にもなります(p11)


・成層圏では上空にいくほど温度が高くなるのかと言うと、実はオゾン層があるせいなのです。オゾン層が紫外線を吸収するために、紫外線のエネルギーによって成層圏の温度が上がります(p40)


・私たちにとって海の水は無限にあるように思えますが、地球全体で見ると、表面を覆う薄いフィルムのようなものなのです(p110)


・地球46億年の歴史の中で、かつて「スノーボールアース」という地球全体が凍ってしまう劇的な事件がありました・・おおよそ22億年前、7億年前、6億年前(p127)


・空気は地面から暖まるし、高い山の上では空気が膨張して温度が下がる。これが高い山の上が寒い理由です(p132)


・地球が1年で365回自転するのに対し、金星は1年に約1回です。これならほぼ「自転していない」と言ってもいいでしょう(p153)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「もし地球からアレがなくなったら?」渡邉克晃


【私の評価】★★☆☆☆(68点)



目次

第1章 もしも、月がなくなったら?
第2章 もしも、オゾン層がなくなったら?
第3章 もしも、重力がなくなったら?
第4章 もしも、二酸化炭素がなくなったら?
第5章 もしも、海の水がなくなったら?
第6章 もしも、太陽の光がなくなったら?
第7章 もしも、自転がなくなったら?


著者紹介

 1980年、三重県四日市市生まれ、サイエンスコミュニケーター。理学博士。広島大学卒業後は物質・材料研究機構、東京大学地球生命圏科学グループ、環境省原子力規制委員会で放射性廃棄物の地層処分の研究に従事。その後、研究者から教師に転向。2019年より地球科学系WEBメディア『グラニット』を立ち上げ、インターネットを通じた教育事業に取り組んでいる。サイバー大学TA(ティーチングアシスタント)。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: