本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

新型コロナの基本「新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体」宮坂昌之

2021/01/29本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体」宮坂昌之


【私の評価】★★★☆☆(71点)


内容と感想

■新型コロナ 7つの謎とは、
 目次のとおり次の7つです。


・風邪ウイルスがなぜパンデミック?
・どのようにして感染?
・症状に個人差があるのはなぜか?
・なぜ日本人が感染を免れたのか
・集団免疫の効果は?
・免疫の暴走はなぜ起きるのか
・なぜワクチンを短期間に開発できるのか


 最初の3つについては
 テレビなどで解説されており、
 衆知の事実でしょう。


 風邪ウイルスが強毒化した
 MARS、SARSなど既に感染拡大した
 事例があり、ウイルスは変異ながら
 感染拡大する可能性を持っているのです。


 症状に個人差があることについては、
 普通の風邪と同じで自然免疫や獲得免疫
 の強さが違うことであろうとしています。


■日本における感染者数、死者数が
 他の国と比べて低いことについては、
 よくわからないというのが
 実情のようです。


 可能性のあるものとして、
 BCGなどの他のワクチンで免疫が
 鍛えられている説、
 似たウイルスに既に感染していた可能性、
 コロナに強い遺伝子を持っている説
 などです。


 新型コロナの毒性が低い日本では
 ワクチン接種が一般的になれば
 新型コロナもインフルエンザ並みの
 対応となっていくものと思われます。


・インフルエンザによる年間の死亡者総数は日本では3000人以上、新型コロナウイルスでは1600人程度(2020年10月12日時点)(p76)


■免疫の暴走はなぜ起きるのか?
 ワクチンを短期間に開発できるのか?
 については、専門的な話になり
 解明できていない点も多いようです。


 課題は短期間にワクチンを開発している
 ため、副反応を確認する臨床試験が
 イケイケで進められていることでしょう。


 新型コロナの感染拡大と死亡者の増加を
 見れば、若干の副反応で死亡者が出ても
 仕方がないという判断だと思われます。


 死亡者の少ない日本では、それに相応の
 慎重な臨床試験の後に、ワクチン接種が
 進められるのでしょう。


 宮坂さん
 良い本をありがとうございました。



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・きわめて深刻な感染状況だったところでも、一つの地域内の感染した人のわりあいはせいぜい2割ぐらいでした(p157)


・致死率は第一波が5.8%、第二波が0.9%と、第二波のほうがぐんと低くなっています。この傾向は致死率が高い70歳以上でも同様で、第一波は24.5%、第二波は8.7%・・・第一波のときにはPCR検査体制が不十分だったために軽症患者の多くを取りこぼし、このために全感染者数はもっと多かったかもしれず、このために致死率が実際よりも高く出た可能性は否定できません(p172)


・最近の報告では、すべての重症化例でサイトカインストームが起きているわけではなく、血中のサイトカインが高値を示さないまま、免疫細胞が疲弊して機能デキず、最終的には免疫不全のために死にいたる例もかなりあるようです(p201)


・これまでのワクチン開発の歴史を見ると、動物実験から臨床試験を終えて、最終的に認可されるようになったものは全体の4%程度と言われています・・・バイアスのかからないランダム化臨床試験(=第三相試験)を確実にやって、このあたりのことを慎重に見極める必要があります(p223)


・おたふく風邪のワクチン接種により、数千人に1人(0.05%程度)の頻度で、無菌性髄膜炎が起こることが報告されています・・・ワクチン接種を受けずに自然におたふく風邪にかかったときには約1%の患者に同じ状態が起こるので、ワクチン接種のほうが無菌性髄膜炎のリスクはずっと低いです(p230)


・ワクチン接種に関連した重篤な副反応にはさまざまなものがありますが、いずれも頻度としては非常に低いものです・・・ワクチンは普通の薬とは異なり、健康な人たちが接種を受けるものですから、きわめて少数でも健康被害が出る人たちがいると、大きな不平、不満が出ることになります。そして、一度、一つのワクチンに不満が出ると、他のワクチンにまでその影響が及び、接種されるべきワクチンが接種されにくい状況が生まれてきます(p232)


・抗リウマチ薬のアラバは2003年・・・投与された患者に間質性肺炎が多発し(約5000名の患者中、25名が間質性肺炎で死亡)、このために一般使用が一時中止されたという例があるのです・・・日本では第四相試験(市販後臨床試験)が行われ、投与量を下げれば安全ということがわかりました(p244)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体」宮坂昌之
宮坂 昌之、講談社


【私の評価】★★★☆☆(71点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 風邪ウイルスがなぜパンデミックを引き起こしたのか
第2章 ウイルスはどのようにして感染・増殖していくのか
第3章 免疫 vs. ウイルス なぜかくも症状に個人差があるのか
第4章 なぜ獲得免疫のない日本人が感染を免れたのか
第5章 集団免疫でパンデミックを収束させることはできるのか
第6章 免疫の暴走はなぜ起きるのか
第7章 有効なワクチンを短期間に開発できるのか


著者紹介

 宮坂 昌之(みやさか まさゆき)・・・大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授。1947年長野県生まれ。京都大学医学部卒業、オーストラリア国立大学大学院博士課程修了。金沢医科大学血液免疫内科、スイス・バーゼル免疫学研究所、東京都臨床医学総合研究所を経て、大阪大学医学部教授、同・医学研究科教授を歴任。医学博士・PhD。


新型コロナウイルス関連書籍

日本の医療の不都合な真実 コロナ禍で見えた「世界最高レベルの医療」の裏側」森田 洋之
新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実」峰 宗太郎, 山中 浩之
正しく怖がる感染症」岡田 晴恵
インフルエンザ・ハンター」ロバート・ウェブスター
感染爆発にそなえる 新型インフルエンザと新型コロナ」岡田晴恵, 田代眞人
「新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体」宮坂 昌之


ワクチン関連書籍

「ワクチンは怖くない」岩田健太郎
「10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか」村中 璃子
「ワクチン鎖国ニッポン―世界標準に向けて」大西 正夫
「ワクチン学」山内一也、三瀬勝利


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: