本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ワクチンは怖くない」岩田健太郎

(2020年5月11日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(97点)


■感染症の専門家としてテレビで
 よく見かける岩田健太郎医師の
 ワクチン行政への提言です。


 海外と比べると
 日本のワクチン行政には
 様々な課題が見えてくるという。


 なぜ海外ではワクチンの副作用は免責なのに
 日本ではワクチンへ訴訟があるのか。


 なぜ、海外で定期接種となっている
 おたふくかぜやA型肝炎ワクチンは
 日本では任意接種なのか。


 なぜ、日本で肺炎球菌ワクチンは、
 65歳、70歳、75歳・・5歳刻みでしか
 予防接種を受けることができないのか。


・おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)やA型肝炎ワクチンなどは任意接種です。しかし、医学的に吟味すれば本来、定期接種に組み込むべきワクチンです・・・せめて医療保険に収載すべきなんです。医療保険は病気の治療に行うべきで、予防は関係ないという主張は詭弁です(p217)


■それに対する著者の答えは、
 ワクチンに詳しくない国会、官僚が
 ワクチン接種の運用を
 こと細かく決めているからだという。


 つまり、ワクチン行政の理念と仕組みを
 創るべき政治家、官僚が、
 メーカーのロビー活動に影響を受け、
 財務省に口を出され、あるべき
 理念、仕組みを打ち出せていないのです。


 勢い、仕事している感を出すために、
 瑣末で部分的なワクチン接種の
 運用方法にまで口を出している現実。


 現状の日本の予防接種の運用方法は、
 素人の官僚が条文を書き、国会が決定。
 年3回専門家が決める米国に比べ
 著しく硬直化した、非科学的なものと
 なっているというのです。


 あまりに本質的な現状分析で、
 暗くなってしまいました。


・日本では予防接種推進専門協議会というのが2010年に設立されました・・・しかし、予防接種法改正が行われ、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会が設立されたため、予防接種推進協議会がACIPのような意思決定機能をもつことができなくなってしまいました。分科会のメンバーは厚労省が選びますが、その人選の根拠は不明で公開されていません。例えば、新聞記者がメンバーに入っています・・・分科会が行っているのは日本に導入すべきワクチンの科学的吟味ではなく、単なる「合意の形成」なのです・・結局、ワクチンの素人である官僚が法案を書き、国会で審議して改正法を通過させないと、新しい予防接種の運営方針は決まらないのです。年3回ACIP会議が開かれ、新たな予防接種の運用方法が決定される米国とは天と地ほどの差があります(p218)


■著者の提言は、政治家と官僚に
 ワクチン行政の理念と仕組みを
 作ってほしいということです。


 具体的には、専門家が推奨される接種を決める。
 副作用の補償を明確にし、医師、メーカーは免責。
 必要な定期接種はいつでも無料または保険適用。


 グローバル化し、世界の感染症が
 拡散している現在、早急にワクチン行政の
 見直しが必要なのではないでしょうか。


 今回の新型コロナウイルスでの対応でも
 著者は同じことを言いたいのでは
 ないかと思いました。


 重要な提言ということで
 ★5としました。


 岩田さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本でも2013年の予防接種法の改正にともない、医療機関から副反応報告を義務化するようになりました。しかし、被接種者の補償のシステムは明確ではありませんし、報告した医療者やメーカーの訴訟からの免責もありません・・定期接種よりも任意接種での補償額が低いのも問題です(p216)


・米国ではワクチンでのインフォームドコンセントや有害事象の報告、そして有害事象に苦しむ方の救済制度ができています。ワクチンメーカーへの訴訟もルールに基づいており、なんでもかんでも訴訟してはいけないことになっています(p64)


・池田氏はHPV(子宮頸がん)ワクチンで神経系の副作用が起きるという結論ありきでデータを集め、それを操作し、印象強く発表しました。朝日新聞も同様に、HPVワクチンの副作用で苦しむ人がいてかわいそうだ、このワクチンはけしからん、という結論ありきで記事を書いています。しかし、医学者やジャーナリストにとっていちばん大事なのは真実に誠実であることです(p78)


・他人の血液から作る血液製剤は感染症のリスクをはらんでいます・・・しかし、遺伝子組換えによる免疫グロブリンならば、このような感染症のリスクはほぼありません・・現時点では遺伝子組換えによる免疫グロブリン製剤は日本の医療現場では用いられていません(p119)


・予防接種には本来的に利点と欠点があります。接種者に健康をもたらすこともあれば、不健康をもたらすこともあります・・・多数の方にワクチンを接種していればある一定の確率で不健康のほうが健康よりも大きくでてしまう方が出現します・・・しかし、その制度を越えてさらに訴訟を起こしたいという動機はどこからくるのでしょう。もちろん、金銭的な動機もあるかもしれません。しかし、私が推測するに、それは「国家の利益のために個人の健康が損なわれた」という恨みの気持ちからなのではないでしょうか(p223)


・なぜ、個々の予防接種の運用を法律が、そして予防接種の素人である官僚や政治家が決めるのか。なぜ分科会に素人の新聞記者が入っているのか・・そういう人たちが各ワクチンの是非を判定しているというのが、非論理、非科学が横行する日本社会の象徴です(p226)


・業界から独立して科学的に予防接種の方針を決定できるACIP(予防接種諮問委員会)という仕組みが米国にある・・・日本のようにあちこちでいろいろな委員会が開かれて、専門家でもない官僚や政治家が意思決定に横槍を出し、あるいは財務省の役人が口を挟み、さらにその官僚や政治家の背後にたくさんの利益相反や思惑のある人たちがロビー活動をする、といったドロドロした環境はありません(p141)


・政治家と(事実上の立法者の)官僚が示すべきはビジョンなのです。理念なのです。予防接種が日本の国民・住民にどういうアウトカムをもたらすべきなのか、その未来像を示すのが彼らの責務なはずです。ジャーナリストだって同じです。ところが、日本の政治家にも官僚にも、そしてジャーナリストにもビジョン、理念はありません・・・彼らは勢い、具体的なワクチン接種の運用方法まで自分たちで決め、法律の条文に加えようとしてしまいます。それは本来の彼らの仕事ではなく、ワクチンのプロの仕事なのに。日本のワクチン行政が2周遅れなのは・・・それぞれの役職が適材適所にプロの仕事をできていない。システムと構造が根本から間違っているから、部分的な、テクニカルなところでもボロボロと間違い続けるのです(p227)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。

岩田健太郎、光文社


【私の評価】★★★★★(97点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 子宮頚がんワクチンとメディア―ワクチンの現在
第2章 感染症と戦う―ワクチン・免疫とは何
第3章 「あなたの健康」を目指せ!―ワクチンの未来と理念


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: