本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く」田中英道

(2020年5月10日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■古墳時代の埴輪を見てみると、
 ユダヤ人のような埴輪が
 見られるという。


 正倉院の宝物を見てもわかるとおり、
 古代に渡来人がやってきたのは
 事実なのでしょう。


 しかし、現存するものだけで
 細かいところまでは推測に
 なってしまうのも事実なのです。


・奈良の東大寺・正倉院に収蔵された物品は、中国、朝鮮のものより西域のものの方がはるかに多いのです(p42)


■古代を現存するもので想像するのは、
 とても面白いことだと思いました。


 必然的に推測が多い点で
 評価は低めとしました。


 田中さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・Y染色体のDNAによる分類をすると、驚くべきことに日本人と地中海の人々が同じDE系統になる。東アジアはO系統であり、オセアニア・南アジアがK系統になる(p64)


・関東の古墳におけるユダヤ人埴輪の存在は、雄略天皇に従う、関東豪族の、ユダヤ人重用の結果と見るべきです。『日本書記』においては、文中で使われている歴法が、雄略天皇以降、「儀鳳暦」から「元嘉暦」に変わります。(p90)


・7世紀後半の関東の豪族に「多胡羊太夫(たご ひつじだゆう)」という人物がいます・・・708年に朝廷が発行した貨幣「和同開珎」の元となった純銅を献上したとされる人物・・(p123)


・東国の人物埴輪の中に大量のユダヤ人の姿がある(p160)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

田中英道、勉誠出版


【私の評価】★★☆☆☆(66点)



■目次

第一章 人物埴輪とは
第二章 人物埴輪は東国の埴輪
第三章 帽子、美豆良、顎髭を持つ人物埴輪の謎
第四章 遺伝学が明らかにする日本人とユダヤ人の共通性
第五章 日本に存在したという「秦王国」
第六章 秦氏を重用した雄略天皇
第七章 千葉県・芝山古墳から見えてくる東の大国
第八章 関東にあった日本国
第九章 東国の真の姿
第十章 多胡羊太夫をめぐる謎


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: