本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎」

(2020年5月 9日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(79点)


■ユダヤ教団のラビ(教師)であるトケイヤー氏は、
 日本人とユダヤ人の間には歴史的に
 共通点が多いという。


 例えば、皇室の菊の御紋がエルサレムの
 ヘロデ門上部に今もある紋章と、
 ほとんど同じ形をしている。


 神社の神官の衣装は、古代イスラエルの
 司祭の服装に似ているし、
 神社の構造が古代イスラエルの幕屋
 (神殿)に似ている。


 日本の古代の鳥居は左右二本であり、
 古代イスラエルの神殿入口の柱も、
 左右二本であったのです。


■さらには、日本のお神輿は、
 イスラエルの契約の箱をかついで
 ヨルダン川を渡ったという出来事と
 類似している。


 神話も類似している点があり、
 イスラエル民族の父祖であるヤコブは
 ラルケを妻にしようとするが、
 彼女の父が姉(レア)も妻にしてくれと言うが、
 姉は美しくなかったので、
 ヤコブはこの姉を嫌ったという。


 大和民族はニニギが天から降りてくると、
 コノハナクサヤヒメに恋をして
 妻にしようとするが、彼女の父が
 彼女の姉の面倒も見てやってくれという。
 しかし姉は醜かったので、ニニギは
 この姉を父に返してしまうと
 まったく同じ構造になっているのです。


 これは偶然なのでしょうか。


 トケイヤーさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・衣に「房(ふさ)」(数十センチの紐または糸を何本か束ねてたらす飾り)をつけている。これは古くからのイスラエル人(ユダヤ人)、および日本の神社の神主だけに見られる風習である(p52)


・古い形といわれる藁座鳥居は、左右二本の柱の上部に注連縄(しめなわ)を引いたのみのものである・・・古代イスラエルの神殿にも、入り口に左右二本の太い柱が立っていた(p154)


・山伏は、額の上部に「兜巾(ときん)」と呼ばれる黒い小さな箱を、紐で結んでつける。そして法螺貝を吹き鳴らす。ユダヤ人は、祈るときに「フィラクテリー」と呼ばれる黒い小さな箱を、額の上部に紐で結びつける。そして、「ショーファール」と呼ばれる笛を吹く。全世界において宗教的な黒い箱を額につける民族というのは、二つしかなかった。ユダヤ人と日本人である(p184)


・日本神話においてニニギは、妻コノハナサクヤヒメとの間に山幸彦を生む。ところが山幸彦は、兄(海幸彦)にいじめられ、海神の国へ行く。そこで山幸彦は神秘的な力を得、田畑を凶作にして兄を悩ませるが、そののち兄の罪を赦す。同様に聖書においてヤコブは、妻ラルケとの間に、ヨセフを生む。ところがヨセフは兄たちにいじめられ、エジプトに行く。ヨセフはそこでエジプトの宰相の地位にまで上りつめて力を持つが、兄たちが凶作のために苦しんでエジプトにやって来たとき、彼らを助け、その罪を赦す。このように山幸彦とヨセフの間に対応関係が見られる(p213)


・大化の改新において新政府が大化時代の始まりを宣言したのは、7月のはじめだった。日本書紀には、7月2日に新しい妃を立てたと記されているが、7月1日が実質的に大化時代の始まりだったと思われる。じつは7月1日というのは、ユダヤ人にとっても新年、元日なのである。今日もユダヤ人は、毎年7月1日(ティシュレイの月一日)を新年として祝っている(p218)


・日本の皇室の紋章は、中央の小さな円と、そのまわりの16枚の花びらとからなっている・・・しかし、古い時代の菊の紋章を見てみるとーたとえば平安京出土のものなどを見てみると、昔はこの紋章の中央の円がもう少し大きく、菊というよりはヒマワリに似た形だったことがわかる。それはエルサレムのヘロデ門上部に今もある紋章と、ほとんど同じ形をしている(p233)


・私は初めて日本のカタカナを見たとき、「これはどうもヘブル(ヘブライ)文字に似ているな」と思った。とくに「コ」「カ」「ハ」「フ」などはよく似ている。文字の形も発音もそっくりである(p11)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。

マーヴィン・トケイヤー、徳間書店


【私の評価】★★★☆☆(79点)



■目次

第1章 リーダーって何をするの?
第2章 小さなチームのリーダーの心構え
第3章 スタッフの目標を達成させるちょっとした仕掛け
第4章 部下の本音を引き出すリーダーのカウンセリング入門
第5章 スタッフがやる気を出す最強の面談術"実践編"
第6章 現場で部下が育つリーダーのコミュニケーション術


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: