「「空気」で人を動かす」横山信弘

| コメント(0) |

「空気」で人を動かす

【私の評価】★★★★★(93点)


■ある人が、改革はそこにいる人が
 気づかないうちに完成させるのが
 コツだと言っていました。


 改革とは、職場の悪い勢力から
 職場の主導権を奪い取ること。


 だから、改革しようとしたら
 社員が気が付かないように
 「空気」を変えてしまえばいい。


 逆に気づかないうちに、
 職場の空気が悪くなり、主導権を
 奪われてしまうこともあるわけです。


・「場の空気」が乱れると、
 優秀な人ほどチームを去っていきます。
 逆に、良い「空気」だと優秀な人材は残り、
 できない人材ほどその空気に
 居心地が悪くなり去っていきます(p98)


■では、どのようにして
 「空気」を良くしていくのか。


 リーダーが指導を強めれば、
 ピリピリした「縛られた空気」に
 なっていきます。


 これはパワハラや、悪い噂を出して
 足を引っ張る人に絶好のチャンスを
 与えてしまうので避けたいところ。


 やはり、一部の前向きな人を
 先頭に成果を出させたり、
 原則論をやんわりと伝える。
 役割を決め、そこを詰めていく。
 数字で現状を伝えていく。


 つまり「空気」を味方につけるために
 じんわりと職場の人をこちらの
 考え方に誘導していくわけです。


・「原点回帰」をすれば、
 「締まった空気」に戻ります。
 「放置」すれば、「緩んだ空気」が
 エスカレートしていきます。
 強力なリーダーの下、独善的な指導が始まれば
 「縛られた空気」へと変わっていきます(p41)


■やはり簡単なのは、
 良い空気の職場に社員を派遣する
 ことだと思いました。


 百聞は一見に如かず。
 経験することが一番です。
 そこで価値観を共有できる社員を
 一人づつ増やしていく。


 日本の職場での主導権争いは、
 なかなか難しいですね。


 横山さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・汚染からチームを守るには・・・
 ・早めに対処(引き締め)
 ・早めに対処できなかった場合は、
  客観的データによる事実
  (ファクト)の調査(p63)


・リーダーが、「結果を出している人は、
 同じ価値観を共有しなくてもいい」と
 ブレるのは良くありません・・・
 リーダーは結果を出す人よりも、
 「場の空気」を優先させましょう(p70)


・言い訳データベースで先回りする・・・
 事前に布石を打つ・・・
 「釘を刺す」言い方をすると、
 「場の空気」が悪くなります(p151)


・「プリフレーム」・・遠回りのように思えても、
 「そもそも」の事柄からまず最初に伝える・・・
 ディーテールを事細かく説明します・・・
 ここまで細かくフレーミングされたら、
 さすがに次のように言われても
 反論しずらいと思います(p142)


・「マイ・フレンド・ジョン」・・・
 「私ではなく、別の人が言っていたんだけど・・・」
 と誰かの口を借りて伝える方法です(p143)


・人が動くかどうかは、
 「しっくりくる」かどうかであり、
 相手の中に答えなどないのです(p80)


・「良い空気」とは何か?
 これを知るのに最も手っ取り早いのは、
 「良い空気」の流れている場所へ足を運び、
 そこでの時間を味わうことです・・・
 一流ホテルや一流レストランは、
 「締まった空気」に満ちています(p156)


・「不燃人」・・組織の方針に従わないし、
 後ろ向きなことばかり言っていても、
 ちゃっかり結果を出す人はいます(p49)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


「空気」で人を動かす
横山信弘
フォレスト出版
売り上げランキング: 23,708

【私の評価】★★★★★(93点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 チームの「空気」を現状分析せよ―ミッション1
第2章 「悪い空気」の元凶を解明せよ―ミッション2
第3章 チームの「空気革命」を遂行せよ―ミッション3
第4章 「空気」を「流れ」に変えよ―ミッション4
第5章 「空気革命」の成功者から学べ―ミッション5



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)