本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

知の巨人の対談「半藤一利と宮崎駿の腰ぬけ愛国談義」

2021/02/11本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「半藤一利と宮崎駿の腰ぬけ愛国談義」


【私の評価】★★★★★(95点)


内容と感想

■スタジオジブリの宮崎駿と
 「日本のいちばん長い日」の
 半藤一利の対談。


 時は東日本大震災後の2013年、
 ジブリ映画「風立ちぬ」が
 公開された年です。


 面白いのは二人の共通点が
 夏目漱石好きということ。


 半藤氏は「漱石先生ぞな、もし」
 という本を書いているし、
 宮崎氏は旅するときは漱石の文庫を
 片手に出かけるのだという。


 半藤氏の奥様が夏目漱石の孫娘であり、
 漱石の性格と書かれたタイミングから
 「坊っちゃん」は東京大学の教授会で
 赤シャツに似た人物と喧嘩して腹いせに
 書いたんでしょうという推理が
 興味深すぎる。


・宮崎・・ぼく、『草枕』が大好きで、飛行機に乗らなきゃいけないときは必ずあれを持っていくんです。どこからでも読めるところも好きなんです(p16)


■映画「風立ちぬ」で宮崎駿は
 96式艦上戦闘機を開発した
 堀越二郎に光を当てています。


 そもそも堀越氏の作る飛行機は
 曲線が多く性能は良いが
 大量生産に向いていない。


 宮崎駿は堀越氏は戦闘機を作ろうと
 したのではなく、自分の理想の
 飛行機をつくりたかった人なのだ、
 と断言しています。


 当時の日本の軍人(官僚)は、
 ほとんどすべての石油をアメリカに
 依存しながら、ドイツと手をむすび
 対アメリカ戦争の準備を進め、
 戦闘機にも無理な要求を求めている。


 そういう軍人の横暴を横目に
 堀越氏は技術者として作りたかった
 飛行機を作っていたのです。


・半藤・・「これからは戦艦じゃない、飛行機だ」と言っていたのは、山本五十六はじめほんのひとにぎり。しかもそういう連中は異端者になってしまった(p235)


■映画「風立ちぬ」を作るために
 当時の風景、建物、鉄道、住宅、病気、
 すべてを調べ上げたうえで、
 ファンタジーとして再構築している
 ことがわかりました。


 歴史の真実を知ろうとする半藤氏と
 歴史を知ったうえでアニメという
 作品を創作しようとする宮崎氏は
 アウトプットは違っても同じ船に
 乗った知の巨人だと思いました。


 これほど知的な会話が存在するのは
 驚きでした。★5とします。


 半藤さん、宮崎さん
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・宮崎・・伯父が社長で親父が工場長でした。飛行機工場といっても、零戦の風防と夜間戦闘機「月光」の、翼の先の組み立てだけをやっていた、まあそんな程度の工場なんです(p51)


・宮崎・・「所沢航空発祥記念館」にアメリカ人所有の零戦が展示されています。所沢市が「おまえ、零戦好きだろう。見に来い」というんです・・だけど、ぼくは行かないんです。北米インディアンの斧、トマホークを集めた白人主催の展覧会に、インディアンが見に行くか、と言いたい(p60)


・宮崎・・本庄季郎さん、この人も優秀な技術者でした・・・じつは堀越二郎とは、あまり仲が良くなかったのですが、映画では親友にしてしまいました(p64)


・半藤・・・戦艦大和・武蔵・・この巨艦を「オレたちはすごい軍艦をもっているんだぞ」ということを、外交宣伝の、その道具として使えばよかったのですが、それを日本はしなかった。もっていることをなぜか隠したんです。・・宮崎・・あれも不思議ですね。零戦だって隠しましたからね(p70)


・半藤・・「日本海軍はなぜ親独になったのですか?」とずいぶん関係者に聞いたんです・・あるとき某海軍士官がポロッと漏らしたんです。「ハニー・トラップだよ」と。つまりドイツに留学をしたり、駐在していた海軍士官に、ナチスは女性を当てがったと言うんです(p174)


・宮崎・・いまの日本人には、この国には資源がないという発想がない・・半藤・・ないです。自活できない国だと思ってもいない(p246)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「半藤一利と宮崎駿の腰ぬけ愛国談義」
半藤一利、文藝春秋


【私の評価】★★★★★(95点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1部 悪ガキたちの昭和史
第2部 映画『風立ちぬ』と日本の明日


著者紹介

 半藤/一利(はんどう かずとし)・・・1930年、東京生れ。作家。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役、同社顧問などを歴任。1993年「漱石先生ぞな、もし」で第12回新田次郎文学賞、1998年「ノモンハンの夏」で第7回山本七平賞、2006年「昭和史」で、第60回毎日出版文化賞特別賞を受賞


 宮崎駿(みやざき はやお)・・・アニメーション映画監督。1941年、東京生まれ。学習院大学政治経済学部卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)入社。『太陽の王子 ホルスの大冒険』の場面設計・原画等を手掛け、その後Aプロダクションに移籍。1973年に高畑勲らとズイヨー映像へ。日本アニメーション、テレコムを経て、1985年にスタジオジブリ設立。雑誌『アニメージュ』に連載した自作漫画をもとに、1984年に『風の谷のナウシカ』を発表。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , , ,



同じカテゴリーの書籍: