本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「出発点―1979~1996 」宮崎 駿

(2008年11月29日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

出発点―1979~1996

【私の評価】★★★★☆(88点)


■テレビアニメの「アルプスの少女ハイジ」から
 『ルパン三世「カリオストロの城」』『天空の城ラピュタ
 『紅の豚』『もののけ姫』など数多くの名作アニメを
 作り上げた宮崎 駿 監督のエッセイ集です。


■この本を読んでわかることは、
 宮崎 駿 監督は一貫して、
 良いアニメを作ろうとしてきたということです。


 しかし、実際の仕事の環境はそれを許しません。


 予算も人も時間も限られているのです。


 それでも、宮崎 駿監督は、金がなければ、安給料でやるし、
 時間がなければ寝ないでやるのです。


 一種の狂気ともいえるものでしょう。


  ・現場にシワ寄せをかけまいと作った人はだれひとりとして
   尊敬されないです。クソミソです。作っているときに
   "鬼め"といわれている人のほうが、終わったときに、
   みんな自分の仕事に対して納得するんですね
。(p329)


■そうした狂気のような行動ができるのも、
 根底には「子どもたちが楽しめるアニメを作りたい」という
 思いがあるからです。


 そして、そうしたやりがいのある仕事であれば、
 仲間がそれについてきてくれるし、
 そういう仕事でなければならないという
 信念を感じました。


  ・子どもたちが本当に心から喜べるようなフィルムを作りたい
   そういう根本的な自分たちに立場というのは、
   絶対忘れちゃいけないと思うんです。
   それを忘れたときに、
   このスタジオは滅びるだろうと思う(p123)


■やりたいことをやる!という宮崎監督の迫力を感じました。
 これは、良い車を作りたい!という
 本田宗一郎にも似た感覚でした。


 ときどき、こうした人が生まれるのが日本人の
 素晴らしさであり、日本の素晴らしさであり、
 宮崎アニメは日本の宝だと思いました。


 本の評価としては、★4つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・子供時代の五分間の体験というのは
 大人の一年間の体験より優るんですよ・・・
 その時期にどれほど社会全体が知恵を絞って子供たちがいかに
 のびのびと生きられるようにするか(p15)


・あらゆる「職業人」は、自分の仕事が
 やりがいのある仕事だったら一生懸命
 やるものだと思いますよ。・・・
 ただ、会社のために、全部滅私奉公せよ
 というのは大嫌いです(p517)


・絵コンテをそのまま受けとらないことだ。
 本当にその絵コンテでよいのだろうか、
 面白いだろうか・・と考える。
 批評はだれにでもできるのだ・・・
 すぐ代案を提出すること、職業だとしたら代案が
 なければ発言権はない
(p64)


・真面目に見ている時にCMが入ってくると、
 いい加減にしてくれという気持ちになります。
 "この時間は我が社が提供していますが、
 CMは流さないでこのまま放送を続けます"
 という企業はないものですかね?(p208)


▼引用は、この本からです。

出発点―1979~1996
宮崎 駿
スタジオジブリ
売り上げランキング: 5326
おすすめ度の平均: 4.0
5 作品の背景が見れる
5 知らなかった宮崎駿
3 難しく考えない。
4 創造の苦悩
5 これさえあれば!

【私の評価】★★★★☆(88点)



■著者紹介・・・宮崎 駿(みやざき はやお)

 1941年生まれ。
 アニメーション製作会社スタジオジブリ映画監督。
 三鷹の森ジブリ美術館の館主。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: