本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「世界をこの目で」黒木 亮

(2020年9月 7日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(90点)


内容と感想

■サハリン2などの現実の資源ビジネスを
 描いた小説「エネルギー」を読んで、
 著者の黒木さんをもっと知りたくなって
 手にした一冊です。


 黒木さんのビジネス小説の特徴は、
 ほとんどが実際に起きたことを
 そのまま書いていることでしょう。


 人や企業名は仮名にしていますが、
 一作品に1000万円もかけて関係者への
 対面調査や現地調査を行なっているのです。


 綿密な調査から紡ぎ出される描写が
 著者の作品の特徴です。


・デビュー作が売れたといっても、単行本2万2千部で、入ってきた印税は418万円である・・・わたしのように一作書くのに500万円とか1000万円の経費をかければ、たちまち赤字になる・・・「平均的な」小説家たちがなぜ暮らしていけるかというと、配偶者が働いていたり、実家に居候したりしているからだ(p271)


■これまで小説化した温暖化ガス排出権取引や
 福島第一原発事故についても、
 徹底した調査により事象の本質に迫っています。


 例えば、京都議定書では米国は撤退し、
 欧州は東欧のCO2削減で目標達成が
 容易だったのです。結果して世界の3%しか
 CO2を排出していない日本だけが、
 名誉のために排出権に金を支払ったのです。


 また、福島第一原発事故では、
 事故時に所長だった吉田氏が安全対策を
 コスト削減の名のもとに切り詰めていた
 という運命の皮肉。


 単なる批判ではなく事実を把握したうえで、
 何が起こっているのか描写しようという
 姿勢が見えるのです。


・吉田(昌郎)氏は原子力設備管理部長時代に、福島第一原発の現場から上がってくる補修や保守点検作業を、コスト削減のために大幅に切り詰め・・・「亡くなった人を悪く言いたくはないが、安全設計を自分でゆるがせにしておいて、事故が起きたら想定外だといい逃れ、悲劇のヒーローになっているのは許せない」という声がある(p175)


■世界を旅しながら、現場を廻り、
 現実を把握し、小説家として
 経済的に独立している。
 純粋にうらやましいと思いました。


 著者の作品は小説という名を借りた
 ノンフィクションビジネス書なのです。
 今後もフォローしていきます。


 黒木さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・自分たちは7%の削減をするからといって日本に6%を呑ませた米国は、土壇場で議定書を離脱して梯子を外した・・・結局のところ、日本は、京都議定書というわけの分からない国際ルールを作られて金を巻き上げられ、中国や旧ソ連・東欧圏に国民の国税を献上したのである(p79)


・クレジットカードは、海外ではあまり使わないようにしています。番号を盗られて、使われたりしますから。ホテルの支払いや買い物は可能な限り現金です(p92)


・欧米では「チェック(小切手)ジャーナリズム」と批判されるぐらい、取材相手に数千ドル単位の謝礼を払うことはざらであり、そういうものは当然税務署も認めている。一方、日本では新聞社はそういった謝礼は一切払わず、週刊誌などでも1~3万円程度である(p103)


・無罪判決を30件くらい出された著名な裁判官がおられますが、このお二人だけに無罪の事件が行っているわけではないはずです。すると本来、無罪になってしかるべき事件の数は・・・膨大な数の冤罪事件が生み出されている可能性もある。取材の中で、ある元裁判官の方は「無罪判決を一つ書くには膨大なエネルギーがいる。そんなエネルギーがあるんなら処理件数を上げたほうがいい」と、わりとさらっといわれた(p198)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

黒木 亮、毎日新聞出版


【私の評価】★★★★★(90点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 世界をこの目で
第2章 ロンドンで暮らす
第3章 作品の舞台裏
第4章 作家になるまで、なってみて


著者紹介

 黒木 亮(くろき りょう)・・・1957年生まれ。早稲田大学法学部卒業。三和銀行に入行。1988年から三和銀行ロンドン支店で国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス等に関る。その後、大和証券英国法人、三菱商事英国現地法人でプロジェクトファイナンスに従事。2000年に国際金融小説『トップ・レフト』で作家デビュー。2003年7月に退社し、専業作家となる。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: