本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「元プロボクサーが発案 売れる営業に変わる37のトレーニング」西野 龍三

(2020年9月 8日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(77点)


内容と感想

■元プロボクサーの住宅メーカー営業マンが
 教える、営業というリングで
 契約というKOを勝ちとる方法です。


 面白いのは営業のコツを
 すべてボクシングにたとえて
 いることでしょう。


 最初にお客様と話すのは
 お客様を知るためのジャブの
 3連発ということです。


・「ジャブ3発」=「挨拶」
 「自己開示」「オープニングトーク」(p18)


■お客さまの話を傾聴するのは
 カウンター狙い。


 お客様への情報提供は
 後から効くボディブロー。


 商品の知識を学ぶのは
 筋トレや走り込み。


 断られることの多い飛び込み営業は、
 捨てパンチ。


 クロージングで使う魔法のトークは
 必殺パンチ、ということです。


・魔法のトーク・・・「もし〇〇だったらご契約いただけますか?」(p153)


■内容は標準的なものですが、
 プロボクサーも営業マンも
 練習で技術レベルを高め
 真剣勝負で戦うのは同じ。


 標準的な技術をトレーニングにより
 自分のものとして
 自然に出せることが大事なのでしょう。


 西野さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・多くの営業パーソンを分析して、自分が目指したい、応援したくなる「営業像」を見つけることが、応援されるようになる近道です(p176)


・お客さまにメリットのある情報提供、見返りを求めない情報提供をし続けることが大切です(p64)


・「第三者の目で見るとよいアイデアが浮かぶ」・・・「親戚のおじさん、おばさん(目上の方には甥や姪)になったつもりで接客する」のが望ましい距離感だといえます(p74)


・魔法のトーク・・・「もし〇〇だとしたらどうですか」(p77)


・捨てパンチが生きてくる感覚が分かれば、断りもまるで挨拶のように思えてきます・・・断られても「貴重な情報探し」と発想を転換すれば、飛び込み営業も楽しくなるでしょう(p41)


・減量は、肉体的にも精神的にも最高の状態をつくるのです。大事な商談の前にはご飯少なめ、あるいはご飯を食べずに商談に集中・・・(p52)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

西野 龍三、合同フォレスト


【私の評価】★★★☆☆(77点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

Round1 失敗しない顧客開拓と見込み客づくり
Round2 アポイントを確実に取るテクニック
Round3 商談力を上げるシミュレーションとトレーニング
Round4 商談を成功させる顧客心理コントロール術
Round5 新規顧客の紹介につなげるアフターフォロー術


著者紹介

 西野龍三(にしの・りゅうぞう)・・・ボクシング式営業術伝道師。1972年生まれ。自分を変えるためにボクシングを始める。1996年プロデビュー。最終戦績は3勝6敗。引退後は2000年から大手住宅メーカーで注文住宅の営業に携わる。まったく売れない時期を乗り越え、2015年に業績表彰を受ける。休日には、ボランティアでジムのトレーナーやセコンドとして、選手の育成からフィットネス、ダイエットの指導を行っている


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: