本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「自分らしさを言葉にのせる-売れ続けるネット文章講座」さわらぎ寛子

(2020年11月 6日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(79点)


内容と感想

■「自分の言葉で仕事をつくる」という
 ネット講座を開催している著者が
 教えてくれる文章の書き方です。


 書き方の基本は、
 自分の伝えたいことを明確にし、
 相手に響く言葉に変えること。


 ただ、売れ続けるためには
 借り物の言葉ではダメで、
 自分らしさが必要です。


 つまり、売れた実績のある言葉を
 真似るのではなく
 自分の熱い想いを伝えていく
 必要があるのです。


・どうやって「自分の言葉」をつくるのか・・・思っていることをすべて吐き出してみましょう・・・誰かに聞いてもらうことでも、言葉にできる(p107)


■実績のあるキャッチコピーを使えば
 短期間に売上をあげることは
 可能なのです。


 ただ、長く愛されるためには
 商品の魅力よりも、
 自分の魅力でお客さまに
 興味を持ってもらうほうがいい。


 つまり、自分というブランド、
 自分の価値観を伝えていくことで
 自分のファンを作っていくのです。


 そのために自分の価値観を
 言葉にのせてアウトプット
 していくということです。


・ブログやSNSを通して、どんな価値観を伝えていきたい?・・・熱い思いを書いてみましょう(p164)


■確かに良い商品より
 義理と人情で「この人」だから
 買ってくれるほうが強いと思いました。


 よくファンのコミュニティを
 作っている人がいますが、
 これが理想なのでしょう。


 そのためにも自分らしさとは何か、
 自分の得意なところは何か、
 どういった想いを伝えていくのか、
 意識する必要があるのでしょう。


 さわらぎさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・「もの」を売るよりも「人」で売れる方が強いのです(p3)


・日常の出来事をすべてコンテンツにする・・・友人4人とランチに行ったとします・・・文章という角度から見れば、「おいしそうに感じるメニュー名」とか「店員さんの声掛け・・(p155)


・ベタに書いて、尖らせていく(p118)


・大事なのにあまり投稿していない人が多いのが「開催報告記事」です・・・セミナーや講座の報告記事を投稿した際が、一番、申込が入ります(p184)


・普段自分が何気なくやっていることで「それ、どうやっているの?」「もっと知りたい」「詳しく教えて」と言われることはあるでしょうか(p40)


・商品購入者のみのコミュニティをつくることです・・・私も講座の卒業生には、希望者のみで、添削やオンラインコンサルを受けられるフォローグループを月額制でつくっています(p29)


・SNSやブログで自分の発信に興味を持って読んでくれる人は「そのジャンルのことに対して、わかっているけどできない人」です・・・(p196)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

さわらぎ寛子、ぱる出版


【私の評価】★★★☆☆(79点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 ネットで売れる文章が変わってきた
第2章 自分にしか書けないことを見つける
第3章 自分の言葉をつくる
第4章 日々の出来事をすべてコンテンツにする


著者紹介

 さわらぎ寛子(さわらぎ・ひろこ)・・・コピーライター。コトバワークス株式会社代表取締役。1978年生まれ。関西大学社会学部卒業後、コピーライターとして広告制作を手掛ける。書いたコピーは3万件以上。「2時間でキャッチコピーが作れる」メソッドを独自で開発。現在は、東京・大阪・オンラインで「自分の言葉で仕事をつくる」をテーマにした講座を開催。私生活では、2男1女の母。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: