本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「メモの変態が手帳をスマホに変えた理由」堀越吉太郎

(2020年11月 9日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(81点)


内容と感想

■著者は18歳で作家になりたいと考え、
 情報収集を始めたという。
 自称、情報収取の変態。


 フランクリンプランナーから
 100円ノートへのメモに移行し、
 新聞を切り貼りしていました。


 そして今やスマホですべて一元管理。
 スケジュール、メモ、TODO管理、
 読書までスマホで済ましているという。


・私は次のアプリ(保存先)を使い分けています。「iphoneメモ」「Evernote」「チャットワーク」の3つです(p51)


■面白いと思ったのはメモや議事録に
 「チャットワーク」「iphoneメモ」を
 使っているということです。


 単なるメモだけでなく
 写真も一緒に記録しておくことで
 グループ分けや検索が簡単なのだという。


 写真の文字も検索できる時代ですが
 検索のために日付、タイトルは
 書いておきましょう。


・気になった記事があれば、紙の新聞なら読んだ後に写真に撮り、撮った写真に日付とタイトルを付けてメモなどに貼り付けます(p141)


■確かにスマホですべてが
 済ませる時代になってきたのだな
 と思いました。


 「dマガジン」「一太郎Pad」など
 知らないアプリも便利そうで
 使ってみようと思います。


 今はクラウドでスマホ、パソコン
 すべてで共通の環境で仕事ができる
 時代なのですね。


 堀越さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・書籍なら、すぐにAmazonのサイトへアクセスします。そして、気に入れば、すぐにカートに入れておきます。ただし、電子版以外は、リアルな書店で購入するようにしています(p39)


・「dマガジン」は、月額400円で450誌以上の雑誌がスマホで読める、大変便利な雑誌の総合アプリです(p83)


・スマホでキャプチャーを撮ります・・・非常に重要だと判断した場合は、バックアップ用および検索用としてiphoneの「メモ」やEvernoteにも、その記事を貼り付けておきましょう(p84)


・私が使っているOCRアプリは「一太郎Pad」です・・・写真から文字起こししたい部分を選択するだけで、テキストデータ化されます(p48)


・名刺管理用のアプリ・・・「Eight」なら、写真に撮るだけで、簡単に名刺がデータ化されます(p102)


・Youtubeは速度を最大2倍にできます・・・倍速で見れば、それだけで時間が半分になるのです(p70)


・習慣化アプリを使ってみよう・・・「みんチャレ」「Studyplus」(p214)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

堀越吉太郎、小学館集英社プロダクション


【私の評価】★★★★☆(81点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 ずるい仕事のしかた
第2章 ずるいメモのしかた
第3章 ずるい情報の集め方
第4章 ずるいアイデアの出し方
第5章 ずるい発信のしかた
第6章 ずるい続け方


著者紹介

 堀越吉太郎(ほりこし きちたろう)・・・1973年東京生まれ。経営コンサルタント、「選書する書店フォルケ」店長。 自分が好きな古典文学とビジネス書しか置かないブックサロンを東京・五反田にて運営。 独自の速読術で、単行本を1冊20分で読破、年間300冊以上の書籍を読む生活を15年以上続けている。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: