本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「排出権商人」黒木 亮

(2010年2月12日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

排出権商人


【私の評価】★★★☆☆(72点)


内容と感想

■温暖化ガスの排出権取引について
 小説化した一冊です。


 実は私もこの関係の仕事をしていましたので、
 そばがゆいというか、懐かしいというか、
 不思議な感覚でした。


 京都議定書における
 日本の温暖化ガスの削減目標は
 1990年から6%の削減。


 この目標が達成できない場合、
 他国の余った排出権を購入するか、
 他国の温暖化ガス削減プロジェクトに
 資金提供することで
 排出権を手に入れる必要があるのです。


・ご存知のとおり、日本の電力会社や鉄鋼メーカーは、温室効果ガスの自主削減目標を達成するために、排出権を購入しなくてはなりません。(p47)


■この本では、そうした排出権獲得プロジェクトを
 海外で作り上げ、日本の電力会社や鉄鋼メーカーに
 転売してサヤを稼ぐビジネスの実情を
 教えてくれます。


 現実も、この小説のようなものだと
 理解して問題ないのではないでしょうか。


 というより、この本を読めば、業界の常識が
 だいたいわかると思います。


・HFC23分解プロジェクト・・・排出権は中国企業に帰属するが、日本側はそれを全量購入し、電力会社などに売却する。排出権一トンにつき十ユーロ程度のサヤが抜ける見込みで、毎年五千八百ユーロ(約八十億円)が日本側三社に転がり込む。中国側にはその倍くらいの金が入り、関係者一同笑いが止まらないプロジェクトだ(p36)


■この本の最後に、
 「地球温暖化問題は、世紀のペテン」
 というメッセージが出てきます。


 この言葉を書くために、黒木さんはこの本を
 書いたのではないかと私は感じました。


 小説としては★2つですが、
 排出権の業界を知るには良い本だと思いましたので、
 本の評価としては★3つとします。


 黒木さん、よい本を
 ありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・地球温暖化問題は、世紀のペテン・・・太平洋では数十年ごとに水温が上下する「太平洋十年規模運動(PDO)」という現象があり、太平洋の高温・低温期は、地球の温度の周期とほぼ一致している。PDOは、1970年代半ばから高温期だったが、それが1998年で終わったと考えられ、今後、三十年くらいは、地球の気温が上昇しない可能性が高い(p410)


・2008年から2012年までの「第一約束期間」で日本が購入しなくてはならない排出権は、政府・民間合計で四億トンである。かりにトン当り15ユーロで買い付けるとすれば、約一兆円を支出しなくてはならない。(p336)


・UNFCCCは、発行される排出権量に応じて「登録料」をピンはねしているので、国連諸機関のなかでは、例外的に財政が豊かである。そのため、職員を大幅に増やしたり、方法論を複雑化したりして「マフィア化」している。(p273)



【私の評価】★★★☆☆(72点)



著者紹介

黒木 亮(くろき りょう)・・・1957年生まれ。早稲田大学法学部卒業。三和銀行に入行。1988年から三和銀行ロンドン支店で国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス等に関る。その後、大和証券英国法人、三菱商事英国現地法人でプロジェクトファイナンスに従事。2000年に国際金融小説『トップ・レフト』で作家デビュー。2003年7月に退社し、専業作家となる。


関係書籍

「異常気象の正体」ジョン・D.・コックス
「地球温暖化「CO2犯人説」は世紀の大ウソ」
「「地球温暖化」の不都合な真実」マーク・モラノ
「地球温暖化への挑戦」薬師院 仁志
「「地球温暖化」狂騒曲 社会を壊す空騒ぎ」渡辺 正
「地球はもう温暖化していない: 科学と政治の大転換へ」深井 有
「正義で地球は救えない」池田 清彦
「排出権商人」黒木 亮
「環境問題はなぜウソがまかり通るのか3」武田 邦彦
「恐怖の存在」マイクル・クライトン
「CO2温暖化論は数学的誤りか」木本 協司


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

コメントありがとうございました。

温暖化問題は、「世紀のペテン」と言う雰囲気が出て来ましたよね。 環境ビジネスもバブル崩壊でしょうか。

安藤忠・加藤陽子など、読まれている本も同じものが多く
とても親近感を抱いた次第です。

また、ちょくちょくアクセスさせて頂きます。


同じカテゴリーの書籍: