本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「異常気象の正体」ジョン・D.・コックス

(2020年7月13日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(76点)


内容と感想

■最近、地球温暖化についての本を
 読み込んでいます。


 異常気象といえば大雨や台風などを
 心配している人もいるようですが、
 科学者が恐れている異常気象は
 そんなものではありません。


 グリーンランドの氷床を掘削して
 分析してわかっていることは、
 過去25万年にわたって地球の気温は
 大きく変動していました。


 それは気温が現在より10℃も低いうえに
 短期間に上下するという過酷なもの。
 いわゆる氷河期です。


 対照的に、現代は氷河期の間の
 束の間の暖かい時代であり、
 間氷期と言われています。


 最近8000年だけが不自然なくらい
 気温がプラス・マイナス1度くらい
 の範囲で安定しているのです。


・1992年のその夏、現実が認識された瞬間は生々しい感触があった・・・「ある限界を超えると、世界のほどんどの地域の気候は寒い時代から暖かい時代へ、急速に変化した。これはつまらない心配事ではなかった。われわれの文明はこれほどの規模の、または速度の気候変動をこれまでに経験したことはないのだ」(p150)


■科学者が恐れている異常気象は、
 氷河期に発生しているような
 気温が5℃も10℃も上下する
 異常気象です。


 何かをきっかけに気温が5℃も10℃も
 上下するのか、そのメカニズムは
 よくわかっていません。


 さらに何をきっかけに氷河期に
 戻るのかさえ、科学者は
 よくわかっていないのです。


 わかっているのは、
 間氷期は1万年程度で終わっていること。
 そして現在が前の氷河期終了から
 1万年ということだけなのです。


 10万年の氷河期と1万年の間氷期
 というサイクルを考えれば、
 いつ氷河期に戻ってもおかしくない時期に
 私たちは生きているのでしょう。


・キャンプ・センチュリーのコア、ダイ3のコア、スイスの湖沼堆積物、デンマークはじめスカンディナビア各地の花粉分布図はいずれも同じことを物語っていた。地球の気候は1万4700年ほど前に突然、氷期から抜け出した。それから、同じくらい唐突に、わずか2000年ほどのちに、気候は1000年はそこら氷期のような状態に舞い戻った。その後、気候条件は急に回復し、徐々に温暖化が始まって、過去1万年間のような比較安定した状況になっていった(p82)


■京都議定書が採択されたのは、
 1997年ですので、グリーンランドの
 氷床のデータから氷河期の気候の
 大変動がわかってきた時期です。


 しかし、氷河期の気温の大変動を
 モデル化して完全にシミュレーション
 できる理論は存在しません。
 現在のシミュレーションも本当に
 正しいのかIPCCは確約していません。


 現在、地球温暖化への対策が
 議論されていますが、
 今すべきことは過去の事実と
 推測を分けて考えることではないでしょうか。


 仮に10年後に温暖化したとしても
 その原因が人間の活動だとは証明できないし、
 10年後に寒冷化したとしても
 その原因は推測でしかないのです。


 現在の技術で予測不可能とされる問題に対して、
 ある仮説を前提に政治的判断を行うのは
 合理的ではないように感じました。


 コックスさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・グリーンランドには、11万年分以上の降雪が3キロ以上の厚さの連続した層となって積もっている。科学者はこの氷床に、リンゴの芯をくり抜くように穴を開けて、円筒形の資料を抜き取る方法を考えた。1990年なかばに彼らが採取した試料は、それまで知られていたなかで最も明確な気候の記録となった(p9)


・なぜ気温が急に下がると、氷期が始まってそれが何万年もつづくこともあれば、そうでない場合もあるのだろう?・・・ダンスガードは問いかけた・・・地球の軌道周期は、北方の地域で太陽光が弱くなる時代に再び移行しはじめていると、彼は述べた・・・日射の条件がそうした展開に有利にはたらけば、それによって大規模な氷河作用が引き起こされるのだろうか?現在の人類の活動は、そうした偶発的な出来事に相当するだろうか?(p76)


・コンピューター・モデル開発者は、ジョンセンがでたらめさを表現した問題に、長年のあいだ取り組むことになった・・・中世温暖期のあと〈小氷河時代〉が訪れ、その間、アイスランドはたびたび海氷に囲まれていたのだ。寒冷な時代のあとには温暖化が起こり、やがて急激に気温が上昇して1920年には最高潮に達した・・「あまりにも突然で、温室効果の増加では説明がつかないほどだ」(p156)


・変動しうる気候というこの新たな考え方に加えて、それが基本的に予想不能であるという、気がかりな事実も発見された・・・資金や政治力を利用する際、どう見ても不確かな問題に多くの関心を集めるのは難しいからだ(p13)


・キャンプセンチュリーの氷床コア・チームは・・・西暦1200年までさかのぼった安定同位体の変動から、2400年、400年、181年、および78年の周期で振動があることがわかる、と彼らは書き、これらの周期はいずれも「太陽の条件が変化することから生じているようだ」とした(p91)


・1976年に、シャクルトンとジョン・インブリー、およびジェームズ・D・ヘイズは・・・地球に達する太陽光の強さに最大の影響をおよぼす周期、つまり2万3000年と4万1000年ごとの周期がともに、過去50万年間の気候変動のうちの約35%の原因となっていた、彼らは概算した・・・かたや、主要な10万年ごとの周期は、過去の気候変動のうち、ゆうに50%と関連づけられていた・・・(p100)


・2002年に、イギリスの自然環境研究会議がまとめた中間報告書は、「寒冷化が一気に進めば、農業、漁業、産業および住宅問題にとって大惨事となりうる」と、指摘した。もっと、イギリスの別の研究は次のように述べているが。「大規模な海流循環の変化が生じうる可能性も時期も、それがどんな影響をもたらすかも、まだ確実に予想することはできない」(p234)


・1972年、大規模なエルニーニョのせいで、ソ連などの国々で穀物の収穫に深刻な被害がでた。現代の指導者たちは、このとき初めて世界の食糧供給の安全に疑問をもちはじめた。1940年以来、寒冷化の傾向が明らかに進行しており、新聞や雑誌の記事は世間の人びとの心に、新たな氷期の恐怖をかきたてた(p102)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

ジョン・D.・コックス、河出書房新社


【私の評価】★★★☆☆(76点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

アイスミッテ―過去をのぞく窓の発見
ヤンガー・ドライアス―人類の進路を変えた気候大変動
基盤岩―極氷を貫いて
氷を口説く―極氷を分析する科学の誕生
「六九通り」―今昔の氷河時代の理論
不安定さ―「寒くなって、彼らは死んだ」
収束―急激な気候変動を理論づける
決定的瞬間―サミットの氷に刻まれた「地球規模」の変化
堆積物―世界各地で見つかる急激な変動の証拠
ノンリニアリティ―「原因よりも速く」いかに変わるのか
完新世―文明の揺籃を揺るがした気候の暴走
驚き―不確かな気候のもとに暮らして



関係書籍

「地球温暖化「CO2犯人説」は世紀の大ウソ」
「「地球温暖化」の不都合な真実」マーク・モラノ
「地球温暖化への挑戦」薬師院 仁志
「「地球温暖化」狂騒曲 社会を壊す空騒ぎ」渡辺 正
「地球はもう温暖化していない: 科学と政治の大転換へ」深井 有
「正義で地球は救えない」池田 清彦


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: