本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「あなたが死にたいのは、死ぬほど頑張って生きているから」平光源

2021/04/12本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたが死にたいのは、死ぬほど頑張って生きているから」平光源


【私の評価】★★★★★(91点)


内容と感想

 私は死にたいと思ったことがないので、死にたいと思う人はどうして自死を選ぼうとするのか、知りたくて手にした一冊です。


 精神科医の著者が教えるのは、死にたいという人は、自分に生きている価値がないと思っているということです。「良く生きねば」ならないという思い込みがあり、それと違う自分を許すことができない人がいます。こうした思い込みは、生きていくなかでの人間関係の中で生まれるという。


・生きるからには「良く生きねば」という制限が加わる。さらに、人と人との関わりの中で、人間関係の制約が生まれて、「良く思われなければ」が生まれる。続いて、そのための「価値を作らなければ」という制限が生まれて、自分の価値に悩み、価値がないと絶望し、死にたくなる(p49)


 著者は、「死にたい」と口にする人のほとんどは、本当に「死にたい」のではないという。


 死にたい受験生の例では、自分を認めてくれない父に自分を認めてほしいという本音が隠れていました。受験に失敗し、父の期待に答えることができないから、耐えられず死を考えてしまうのです。著者の経験では、一度死んだつもりになってリセットできるかどうか。そこに思い込みを乗り越えるヒントがあるという。


・思いがけない一言が私の口からこぼれました。「死んでもいいよ」・・・びっくりしたように丸くなった彼女の瞳から、堰を切ったように大粒の涙がこぼれ落ちました・・・「自分が死んだ」と思って行動することでどんどん解放されていったのです(p21)


 私がどうして死にたいと思わないかといえば、両親や周囲から十分に愛されているからだと思いました。著者の言う通りいまのままであなたは素晴らしい、このままの自分でよいのだと思えなければ、周囲から攻撃されれば苦しくなってしまうのです。


 そういう意味ではそのいじめを主導した人は、イジメ殺した後ものうのうと生きていけるので、"いじめ殺す"のは完全犯罪です。生きていれば復讐することは可能ですので、簡単に死なないほうが私は良いと思います。平さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・何かをしなくては自分を好きになれないような自己肯定感はいらない。いまのあなたで十分、素晴らしい!(p97)


・プラス思考は突然変異、マイナス思考が正常・・・自然界においては、マイナス思考が正常で標準だからです(p53)


・自分が人に希望や感動を与えられないなら、生きている価値がない・・・思い通りにならない現実を目の前に、こんな自分なら死んだほうがいいと錯覚し、本当に実行してしまいます(p159)


・「死」はただの終わりです・・・だからまずは、死なずにリセットしてほしいです。例えば、「親や夫の言うことを聞かなくてはいけない」とは思わずに、いったん親と別居してみる(p223)


・大切なことは、他人と比較して一喜一憂するのではなく、いまの自分を認めて、現時点で理想の自分でないことを諦め許すこと(p72)


・生は有限です・・・その1日1日を「ああすれば良かった」とか、「なんで分かってくれないんだろう」というような、後悔や、不満のようなどうでもいい悩みで満たし続けるのは本当にもったいないことです(p207)


・人によって、生まれ育った環境や過去の経験が違います・・・どんなに気を付けてつぶやいても、一定の割合でそれを否定する人が出てくることは仕方がないことです(p85)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「あなたが死にたいのは、死ぬほど頑張って生きているから」平光源
平光源、サンマーク出版


【私の評価】★★★★★(91点)



目次

第1章 あなたが死にたいのは、死ぬほど頑張って生きているから
第2章 弱い自分をそのまま愛する。それが本当に強い人
第3章 心だけでも、新しい自分に生まれ変わる
第4章 生きている人ができることは、生きること


著者紹介

 平 光源(たいら こうげん)・・・東北のとある精神科クリニックを営む、精神科医。薬に頼らずに1000人の心の病を寛解させたことが評判となり、現在では3か月先まで予約が殺到している。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: