本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「精神科医は腹の底で何を考えているか」春日 武彦

(2020年10月 6日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(87点)


内容と感想

■精神科を専門の一つに持つ友人が
 いるので、話のネタになるかな、と
 手にした一冊です。


 精神科医とはどんな仕事なのか。
 どんなお客さまが来るのか。
 わかったような気になる一冊です。


 精神疾患としては、だいたい6つに
 わけることができるのだという。


 (躁)うつ病・統合失調症・神経症・
 パーソナリティ障害・器質性精神疾患
 (認知症を含む)・依存症。


・精神病であるあることが露見するのが嫌なあまりに仕事を辞めてしまう人、年賀状が一枚も来なかったことを恥じて自殺を決意する人。道を歩いていたらまじまじと小学生に見詰められ、自分が精神を病んでいることが子どもまで知れ渡っているのではないかと悩む人(p99)


■面白いと思ったのは、例えば
 生意気な年下上司をイジメるために
 周囲にありもしなことを吹き込み、
 上司を孤立させ、職場の人間関係を
 破壊するのが得意な人がいたとしましょう。


 こうしたことが常態化している場合、
 精神科では境界性パーソナリティ障害と
 診断されるらしいのです。


 そうした人が病院にやってくると
 病院内でもナース間や医師間の
 噂話をでっちあげて対立を煽り、
 大混乱になることがあるという。


 いるな~そういう人。


・境界性パーソナリティ障害の女性患者・・・「あの人はこんなことを言っていたわ」と互いの反目を強めるような話を巧みに吹き込み、最終的には何人ものナースを巻き込む形で人間関係にかなりの深刻な諍いをもたらした・・・医師に対してもいろいろとアプローチをして、潜在的なライバル意識を煽るようなことをしていた(p115)


■狂気の中で仕事をしながら、
 ニコニコと一歩引いて
 患者に話しかける著者が面白い
 と思いました。


 どうやって薬を飲ませるのか。
 どうやって入院させるのか。
 精神科ゆえに苦労が多いのです。


 人にはどこか狂気はあるのですが、
 極端に振れないよう注意したい
 ものです。


 春日さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・精神科の診察においては、何と「あざとい」言葉が氾濫していることか。死ぬだの殺してやりたいだの、恨むの呪うだの、もう一生××したくないだの出家したいだの、ドラマティックな言葉の大安売りである。そんなものに精神科医は動揺しない(p37)


・いっぽう精神症では、むしろ患者自身が病気であることをアピールしたがることがある(p64)


・パーソナリティ障害においては、もはや医師を困らせるために通院しているとしか思えないケースすらある(p65)


・わたしは患者から「あんた、何が楽しくてニコニコしているんだよ、そんな場合かよ!」と罵倒されたことが何度かあり・・・心に余裕を持とうとすると、どうやらそれが「シリアスな状況にそぐわないニコニコ顔」として表出されてしまうらしい(p95)


・DV対策・・・結局は暴力男の元へ舞い戻ってしまう・・・結局のところ、彼女はある種のドラマチックさ、濃くて過剰な人間関係でなければ満足いかない人なのである(p145)


・幻覚や妄想が出現する精神疾患では、往々にして患者は自分の異常があるとは考えない(p63)


・初老の独身女性で、自分はフランスの女優の妹であると主張する人がいた・・・現実の彼女はフランス語なんか分からないし、生活保護を受給しながら、隣から演歌の聞こえる木造モルタルのアパートに住んでいるのである(p153)


・統合失調症の患者は、往々にしてどこか素っ気ない。時にはまるで取り付く島がない(p54)


・どこに行ってもイジメに遭うタイプの人がいて、そうした人が極端に変わった人物であることは少ない。微妙にどこか言動が「ずれて」いたり・・・差異の少なさに却って周囲の神経を逆撫でする結果となり、イジメを受けることになりやすい(p182)


・精神科医の名医リストを、わたしは目にしたことがない。もちろん、それには理由がある。判断基準を定めることが容易ではないからである(p22)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

春日 武彦 、幻冬舎


【私の評価】★★★★☆(87点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

第1章 赤ひげ医師・熱血医師・愚かな医師
第2章 相性ということ
第3章 優しさと支配
第4章 技術と人柄
第5章 物語・心・世界
第6章 偽善と方便
第7章 幸福・平穏・家族



著者紹介

春日武彦(かすが たけひこ)・・・精神科医。1951年京都府生まれ。日本医科大学卒業。医学博士。都立中部総合精神保健福祉センター、都立松沢病院、都立墨東病院精神科部長などを経て、東京未来大学教授


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: