本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「アセットアロケーション革命」内藤忍

(2020年10月 7日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(70点)


内容と感想

■タイトルの革命とは違って
 資産運用の基本をまとめた
 一冊となっています。


 アセットアロケーションとは
 資産をどのように分配するのか
 ということ。


 つまり、株式、債券、国内、海外、
 不動産、貴金属、事業投資など
 それぞれ別の特徴を持った投資先に
 分散させるということです。


 伝説の投資家ウォーレンバフェットでさえ
 プロではない個人投資家には米国株式の
 インデックス投資を推奨しているのです。


・低コストのインデックスファンドを選ぶ(p74)


■不思議なのは、
 投資初心者へのアドバイス事例で
 借入金により億単位の資金調達をさせて
 不動産、外国株式、事業投資などを
 行わせていることでしょう。


 低利で借りて高配当・高リスクの
 投資をするわけで、投資初心者向け
 なのかと疑問に感じました。


 簡単に儲けられる投資など
 存在しません。高配当であれば、
 相応のリスクが存在するわけで、
 それなりの知識と覚悟が必要なはずです。


・不動産以外の実物資産としては、金(ゴールド)やプラチナ、現物ワイン、現代アート、アンティークコインといった投資対象もあります。さらに、太陽光発電投資も、実物資産投資として最近注目を集めています(p104)


■プロでさえ分散投資で成功する確率は
 低いと言われています。


 そうでなければ、自己資金で投資をして
 大金持ちになった人が、あちこちに
 存在しているはずだからです。


 そうしたことを理解したうえで、
 基本だけを学ぶという視点で
 読みたいものです。


 内藤さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・専門家の「おすすめ銘柄」を鵜呑みにしない(p30)


・FXの現受を使った低コスト海外送金の方法(p88)


・外貨比率は50%ずつを原則とする・・・円高の可能性が高いと考えるなら、円の比率をその確信度に応じて60%、70%と上げていく(p206)


・40代、50代と年齢が高くなるにつれて、株式投資の比率は引き下げていくべきです。60代以降になれば・・・債権を中心にアセットアロケーションを構築するようにしていきます(p236)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

内藤忍 、サンライズパブリッシング


【私の評価】★★★☆☆(70点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

第1章 お金との正しい付き合い方を知る
第2章 資産運用はリスクとリターンから考える
第3章 金融資産を活用した資産運用
第4章 実物資産を活用した資産運用
第5章 資産運用における税金のポイント
第6章 アセットアロケーションでお金の不安を解消する



著者紹介

内藤忍(ないとう しのぶ)・・・1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院修士課程卒(MBA)。外資系金融機関勤務などを経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。マネックス・ユニバーシティなどグループ会社の代表取締役を歴任後、株式会社資産デザイン研究所代表取締役。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: