本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法」柴山 和久

(2020年4月13日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(82点)


■著者は財務省で10年、
 マッキンゼーで5年働き、
 資産運用のウェルスナビを
 起業しました。


 ウェルスナビとは、
 富裕層向けのプライベートバンク
 などで行われいる「長期・分散」
 の資産運用を行うサービスです。


 インデックス投資であれば、
 手数料は0.5%以下ですが、
 ウェルスナビは1%です。


 その代わり、投資比率を
 一定に保つリバランスを
 ウェルスナビが自動的に
 行ってくれるのです。


・リバランス・・値上がりした資産を売り、値下がりした資産を買う・・・リバランスは1年に一度、多くても半年に一度のペースで行います(p106)


■興味深いのは、著者が入省してから
 海外留学を目指し勉強する中で、
 200万円の借金を負ったことでしょう。


 なりふりかまわない勉強の結果、
 ハーバード大学院に留学でき、
 妻と出会うことができた。
 マッキンゼーにも転職できた。


 だから貯蓄も大切ですが、
 若いうちは自分に投資することを
 著者は推奨しているのです。


 年率10%で資産を運用するよりも
 稼げる自分になることができれば、
 継続的な収入が約束されるからです。


・給与が手取りで約20万円だったとき、教育ローンは200万円まで膨らみました・・・私は「若いうちは無理して資産運用をするより、自分に投資してみてはどうでしょうか」と答えています(p188)


■著者の起業したウェルスナビは
 資産運用は順調なようですが、
 資産1800億円で売上8億円。
 費用は25億円で17億円の赤字です。


 資産3000億円以上でないと
 収支が合わない計算となるので
 ここが頑張りどころなのでしょう。


 FXでギャンブルするくらいなら
 インデックスか分散投資するのが
 資産を減らさない基本とわかる
 一冊でした。


 柴山さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・運用期間が30年間で毎年5%のリターンがあるとします。30年後の資産は、毎月3万円ずつ積み立てると2446万円、毎月5万円ずつ積み立てると4076万円となります(p100)


・10兆円でも10億円でも10万円でも、そこそこ500円でも、資産運用のアルゴリズム自体は同じです(p29)


・50~60代で10年後くらいにリタイアを考えているなら、株式の割合は50~60%が妥当です。これは、ノルウェー政府年金基金と同じくらいの割合です(p89)


・ゴールドマン・サックスのニューヨーク本社で株式売買システムの自動化を進めたところ・・・自動取引プログラムなどの開発をするエンジニアは9000人と、従業員の3分の1を占める(p144)


・スイスのプライベート・バンカーにとって最大の栄誉は、今の世代だけでなく、その子や孫へと、世代を超えて資産運用を任せられること(p149)


・欧米では、為替取引は投資銀行や機関投資家のトレーダーが行うものとされており、個人投資家が行うケースは稀です(p68)


・「過去のリターンの実績」がよいと、将来的にも高いリターンが期待できると誤解しがちです(p9)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



柴山 和久、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★★☆(82点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 5つの失敗から学んだ投資の鉄則
第2章 時間と世界を味方につける資産運用とは?
第3章 日本の資産運用はガラパゴス化している
第4章 日本人が知らなかった"正しい"資産運用
第5章 人間の脳は資産運用に向いていない
第6章 テクノロジーが実現する豊かな未来
第7章 お金から自由になったら何をしたいか


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: