本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「なんのために学ぶのか」池上 彰

(2020年4月14日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(82点)


■池上さんは、NHK記者からスタートして
 「週刊こどもニュース」での
 分かりやすい解説で有名になりました。


 その後、現場で取材を続けたいと
 54歳でNHKを退職し、フリーの
 ジャーナリストとなったのです。


 退職後は、大学の社会人講座で
 財務、為替、東南アジアについて
 学び直しています。


 池上さんは警察の番記者時代から
 英語や経済の勉強をしており、
 学ぶことに前向きであることが
 わかります。


・NHK退職後、54歳から学び直し・・ファイナンス理論、東南アジア情勢、外国為替の現場の(大学の)社会人講座に登録しました(p31)


■この本で印象的だったのは、
 池上さんが目の前の仕事に
 全力投球してきたということです。


 本業のために学ぶ。
 だから、英会話を勉強したり、
 経済の本も読むわけです。


 どうせ仕事をするなら、
 社内外から知られるくらい
 名前を轟かせればいい。


 そうすれば池上さんのように
 退職後に他局から声を
 かけてもらえるのです。


・どうすれば社外にまで名前を売ることができるのか。私が思うのは、「自分に投資をする」ということです。まずは、目の前の仕事を人並み以上にちゃんとやる(p127)


■池上さんにとっての
 「なんのために学ぶのか」は
 ジャーナリストとして一流に
 なるためでした。


 日本人は学生だけでなく、
 社会人になっても勉強しない人が
 多いらしい。
 退職後が心配です。


 池上さんの学びのすすめに
 元気をもらいました。


 池上さん、
 良い本をありがとうございました。


■この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・多くの大学が社会人向け講座を開設している・・・ある講師の講義が非常に下手だった・・・「どうしてこの講義はつまらないんだろう」・・・「うまく教えるとはどういうことか」に自ずとたどり着きました(p32)


・外国の人と親しく交わるようになれば、日本のことをどれだけ語れるかが問われるのです(p54)


・日本は江戸時代に全国各地に寺子屋が広まって、一般庶民の子どもたちがそこで教育を受けていました・・・外国の人から見ると、明治になって開国し、そこから日本が大きく成長したように見えますが、実はそうではありません。江戸時代、すでに日本は世界でも有数の文明国であり、豊富な知識を蓄えていました。だからこそ明治に入って一気に発展したのです(p204)


・なるべく早いうちに挫折を経験しておく・・・信じた結果、場合によっては裏切られることがあるかもしれません。現実にそういうことはよくあります。信じた人に裏切られるのは衝撃的な体験ですが、ものは考えようで、それを通して人間は成長し、精神的に強くなれるのです(p85)


・私が大学生のときゼミナールの先生・・経済学部で経済学を勉強していました・・その先生は「すべてを疑え」と言っていました(p67)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ



池上 彰、SBクリエイティブ


【私の評価】★★★★☆(82点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

1章 勉強が好きじゃなくてもいい
―おもしろいことが一つあればいい
2章 どうして勉強しなくちゃいけないの?
―学校で学ぶということ
3章 失敗・挫折から学ぶ
―こうして「池上彰」ができあがった
4章 読書が好き
―よい本との出合いは人生の宝だ
5章 生きることは学び続けること


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: