本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方」池上 彰、佐藤 優

(2017年10月19日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)

【私の評価】★★★★☆(80点)


■北方領土解決を目指したために
 鈴木宗男とともに粛清された佐藤優と、
 わかりやすいジャーナリスト
 池上 彰の対談です。


 現実を伝えるジャーナリストと
 国際情勢を分析する外交官の
 対談ですので、
 圧倒的に分析のほうが面白い。


 佐藤優さんは神学の学者になろうと
 思ったことがあるくらいですので、
 専門的すぎてよくわからない点も。


・カトリックのヴァチカンと中国政府の間には、いまだに外交関係がありません。何よりも司教の人事権をめぐって対立しています・・教会人事への介入は、神様の領域と世俗国家の領域を混同することですから、ヴァチカンとしても絶対に譲りません(佐藤)(p62)


■佐藤さんの認識は、現在、新しい
 帝国主義の時代になっているのではないか、
 ということです。


 つまり、領土的野心を武力で
 達成しようとする国が増えている。


 過去の帝国主義時代と違うのは、
 だれもが核兵器を入手できる
 可能性が高くなっているということです。


 まさに、アルマゲドン(世界最終戦争)が
 近づいているのではないか
 という怖い国際環境なのです。


・民主主義国は、極力戦争を回避して外交によって解決しようとする。ところが戦利品が獲れるという発想をもつ国は、本気で戦争をやろうとする。すると、短期的には、戦争をやる覚悟をもっている国のほうが、実力以上の配分を得る(佐藤)(p79)


■ただ、佐藤優さんは頭が良すぎて
 自分の行きたい方向に
 誘導しているのではないかという
 怖さがある。


 その点、池上さんは、
 ジャーナリストとしての
 良心があるように感じました。


 池上さん、佐藤さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・太平天国の乱が宗教と結びついて統制不能になったように、中国で大乱が起きるときは必ず宗教と結びつく。共産党政権は宗教によって転覆させられる危険性があるのではないかという、歴史につながる恐怖をもっているような感じがします(佐藤)(p63)


・韓国の朴 槿恵大統領からすれば、中国がいかに怖いかは自分たちが一番よく知っている、というのではないですか。ロシアやアメリカや日本は、中国の本当の恐ろしさを知らない・・歴史をふり返ると、日本と朝鮮が単独で戦争したことはないのです(佐藤)(p180)


・19世紀に到って、クリミア半島をオスマン帝国が支配すると、ロシア帝国は、「ロシア正教徒の保護」を口実に軍事介入します。2014年2月、ウクライナで親ロシア政権が倒されると、ロシアのプーチン大統領が「ロシア人の安全を守るために」と称して、クリミア半島にロシア軍を派遣しましたが、これと同じ構図ですね(池上)(p97)


・ウクライナ問題がなぜ解決しないのかというと、誤解を恐れずに言えば、まだ殺し足りないからです・・「これ以上犠牲が出るのは嫌だ」とお互いが思うところまで行かないと、和解は成立しないのです(佐藤)(p248)


・アフマディネジャドはハルマゲドン、世界最終戦争のときにお隠れイマームが出て来てエルサレムのイスラエル教徒だけを助ける、と確信している。そういう確信を外から止めることはできない。だからアフマディネジャドならエルサレムに核ミサイルを撃ちかねないと非常に心配していたわけです(p144)


・実は私、テレビのニュースはほとんど見ません・・家でテレビをつけるときは、CNNを流しっぱなしにしています(池上)(p233)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
池上 彰 佐藤 優
文藝春秋
売り上げランキング: 11,628


【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

はじめに(池上彰)
序 章 日本は世界とズレている
第1章 地球は危険に満ちている
第2章 まず民族と宗教を勉強しよう
第3章 歴史で読み解く欧州の闇
第4章 「イスラム国」で中東大混乱
第5章 日本人が気づかない朝鮮問題
第6章 中国から尖閣を守る方法
第7章 弱いオバマと分裂するアメリカ
第8章 池上・佐藤流情報術5カ条
終 章 なぜ戦争論が必要か
おわりに(佐藤優)



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: