本のソムリエがおすすめの書籍を紹介するサイトです
本ナビ > 書評一覧 >

インデックス投資がお勧め「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」ジェイエル・コリンズ

本のソムリエ 2021/01/20メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」ジェイエル・コリンズ


【私の評価】★★★★★(90点)


要約と感想レビュー

■アメリカの投資の神様ウォーレン・
 バフェットは、10%債券、90%株式の
 インデックスファンドへの投資を
 推奨しています。


 著者はバフェットの推奨どおり、
 収入の範囲内で生活し、50%を貯蓄し、
 インデックスファンドに投資したことで
 仕事をしなくても生活できるように
 なったという。


 こうしたお金との付き合い方を娘へ
 伝えるために書いた著者のブログから
 この本は作られたのです。


・2013年の株主総会におけるバフェットの手紙には、こう書かれています。「資金の10%を容易に現金化できる短期政府証券に投資し、残る90%は低コストのS&P500インデックスファンドに投資する(p228)


■著者の人生とお金の哲学は、
 次の3つです。


 収入より多く支出しない。
 借金をしない。
 余剰資金は株式インデックス投資する。


 著者は共働きの時期もあり、
 なんと収入の50%を
 貯蓄に回してきました。


 もちろん貯蓄は30%でもよい。
 大切なのは収入より多く支出しない
 といことなのです。


 また、株式インデックス・ファンドは
 上がり、下がりが予想されますが、
 30年、40年という長期にわたって
 保有し続けることを前提とします。


・本書は投資と人生の哲学について書いています。中心となるのは次の3つの原則です。支出は稼ぎより少なくする。余りは投資する。そして、借金をしない(p5)


■著者は仕事を転々としており、
 投資関係の調査をしている会社に
 就職したこともあります。


 そこで気づいたのは、
 いくら情報を集め、分析し、
 頭の良いファンドマネジャーを
 雇っても未来の株価を予想することは
 非常に難しいということ。


 もし、未来の株価を長期的に
 予想できる人がいるとすれば、
 ウォーレン・バフェットよりも
 大金持ちの投資家が何人もいる
 はずだからです。


・市場のタイミングをつかもうとするのは、長期的に見ると、勝てないゲームです・・・もしそれをできる人がいたら、ウォーレン・バフェットよりも大金持ちになって、彼の倍くらいもてはやされているはずです(p77)


■株式のインデックスファンドに投資する
 ということは、その国を買うということ
 と同じ意味なのでしょう。


 これからもアメリカが繁栄するとすれば
 アメリカの株式に投資すればいい。
 日本が繁栄するとすれば日本の株式に
 投資すればいいのです。
 ただし、どの国がどれくらい繁栄するかは
 誰にもわかりません。


 収入の範囲内で生活するということは
 非常に禁欲的な生活となりますが、
 早期の経済的自立を目標とすれば
 必須の考え方なのでしょう。


 アメリカ人的な合理的な
 語り口が印象的でした。


 コリンズさん
 良い本をありがとうございました。



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・ダウ平均が19世紀末に66ドルで始まり、100年後に1万1400ドルになっているのに損をするなんて、どうやればできるのでしょうか・・・それは、うまくやろうとして、市場から出たり入ったりを繰り返したからです(p66)


・「すべての卵を1つのかごに入れて、そのことを忘れましょう」・・・入れるべき「かご」はVTSAXです・・・全米の約3700社すべての一部分ずつを所有しているということです・・・今から40年後には、道を少し平坦にするために、債券のインデックスファンドを加えたいと考えるかもしれません(p152)


・多くの投資アドバイザーは、よい結果を出してくれません。投資が複雑に見えるのは、金融業界が苦労して複雑に見えるようにしているからです・・・インデックス投資はシンプルであり、しかも、よい効果的なのです(p211)


・保険の商品は、手数料が最も高いグループに入ります。つまり、アドバイザーが最優先してあなたに勧める商品です・・・年金保険や終身保険には手数料が10%のものもあります。しかも、この手数料は投資の裏に隠されてしまうので、まったく気づかれません。このような詐欺行為が合法に行われている理由はわかりませんが、それが実態です(p216)


・コストをかけずに生活できる技を磨いて、多くの冒険にチャレンジしましょう・・・収入の50%以上を蓄えに回せば、目標達成はとても早くなります(p282)


・資産の4%で生活費をまかなえるようになったら、経済的に自立できたと考えてよいです(p283)


・現金はとても安全だと考えられています。しかし、インフレのもとでは、日々、価値が下がっていきます(p296)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」ジェイエル・コリンズ
ジェイエル・コリンズ、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★★★(90点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

はじまり
Ⅰ イントロダクション
Ⅱ たとえ話 ── 僧侶と大臣
Ⅲ これは引退後の話ではありません
Ⅳ 大切な注意書き
Part1 オリエンテーション
(1)借入金は、負ってはいけない重荷
(2)「会社に縛られないお金」が必要な理由
(3)誰もが大金持ちになって引退できるか
(4)お金についての考え方
(5)急激な上げ相場(あるいは下げ相場)での投資
Part2 資産形成の最強ツールをどうコントロールするか
(6)大暴落がやってくる ── 有名な経済学者でも助けられない
(7)市場はいつも上昇する
(8)なぜ市場でお金を失う人が多いのか
(9)とんでもない出来事
(10)あくまでもシンプルにいく ── 考え方と商品
(11)インデックスファンドはやる気のない人のためのもの?
(12)債券について
(13)資産を築いて維持するポートフォリオの考え方
(14)資産の配分を考える
(15)国際的なファンド
(16)あらゆる人々にとって最もシンプルな投資方法
(17)バンガードの商品を買えない場合
(18)バンガードとはいったいなんなのか
(19)ケーススタディ:最もシンプルな投資の実践
(20)投資アドバイザーを好まない理由
Part3 なぜ、ほかの投資はよくないのか
(21)ジャック・ボーグルとインデックスファンドに対するバッシング
(22)株式銘柄をうまく選択できない理由
(23)ドルコスト平均法を好まない理由
(24)マーケットの権威になってテレビに出演する方法
(25)あなたも騙されるかもしれない
Part4 たどり着いたあと、何をするか
(26)引き出す比率 ── 結局、いくら使えるか
(27)大富豪のように寄付をする
おわりに
(28)子供に示した道 ── 最初の10年間
(29)南太平洋のお話
(30)最後にリスクについて


著者紹介

 ジェイエル・コリンズ(JL Collins)・・・ファイナンシャル・ブロガー(ブログ「jlcollinsnh.com」)。1975年から投資を行っている個人投資家。何度も転職する中で、収入の範囲内で生活するようになり、気がつけば夫婦どちらも働かなくても暮らせるようになっていた。実践したのはシンプルな投資だけ。収入の半分を投資、借金をしない、バンガード創業者ジャック・ボーグルの教えに従ってインデックスファンドに投資する。2011年、娘に「お金と投資」についての手紙を書き、その内容をブログに発表し、注目される。


インデックス投資関係書籍

「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」ジェイエル・コリンズ
「元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法」柴山 和久
「サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践」中原 圭介
「アセットアロケーション革命」内藤忍


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: