「絶対に損をしたくない人のための仮想通貨投資入門」内藤 忍

|

絶対に損をしたくない人のための仮想通貨投資入門

【私の評価】★☆☆☆☆(59点)


■仮想通貨は決済手段としては、
 可能性を持っていると思われます。


 しかし、現在は交換レートが
 乱高下しており、決済するにしても
 交換レートの変動リスクが
 課題だと思います。


■仮想通貨を投資と表現していますが、
 仮想通貨は交換手段であり、
 価値を生みません。


 交換レートが変動することに
 賭けるのはギャンブルと
 言えるでしょう。


 仮想通貨交換所を運営して
 手数料を取るなら儲かりそうです。


 内容が薄い印象でした。
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ビットコインをはじめとする仮想通貨は
 1500種類を超える・・「ブロックチェーン」
 と呼ばれる公開分散型台帳によって
 すべて記録されます(p13)


・2018年3月現在、日本国内では、
 ビックカメラやメガネスーパー、
 エイチ・アイ・エスなどの大手企業で
 ビットコインが支払いに
 利用できるようになっています(p20)


・仮想通貨売買で得た収入は、個人であれば
 雑所得として総合課税の対象となります
 (法人の場合は営業収益として法人税の
 課税対象)(p22)


・ビットコインの問題点として、取引
 (トランザクション)速度が遅くなっている・・・
 特に2018年1月4日には、日本の多くの交換会社で、
 送金から指定口座への着金までに48時間近く
 かかるという事態に発展しました(p34)


・仮想通貨のリスクとしては、次の4つがあります。
 1 盗難(ハッキング)リスク
 2 管理(セルフゴックス)リスク
 3 交換会社リスク
 4 カントリーリスク(p117)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


絶対に損をしたくない人のための仮想通貨投資入門
内藤 忍
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 555,483

【私の評価】★☆☆☆☆(59点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)