本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
トップselect > 起業する前に、絶対読んでおきたい10冊♪

起業する前に、絶対読んでおきたい10冊♪

740_m.jpg


起業しようと思っている人へ


■日本でもリストラが当たり前に
 なってきた今の時代、学生、会社員など
 独立起業する人が増えているそうです。


 起業するということはプロになるということ。
 会社が動物園なら、独立起業はジャングルで
 一人戦うという感じでしょうか


 一般的には、起業しても
 10年後に残っているのは
 1社くらいということです。



■起業というのは、
 英語ではスタートアップであり、
 一つの特殊な仕事です。


 商品やサービスを売る会社を
 金と人とを集め、組織という
 仕組みを一から作りあげる。


 それが起業の醍醐味ですが、
 いかに難しいことでもある。
 自分が社長だとすれば、
 自分で何でも決めなくては
 ならないのです。



■起業とは成功すれば大金持ち、
 失敗すれば無一文から再スタート
 というハイリスク・ハイリターンです。


 起業するなら最悪のパターンも想定して
 起業したいもの。そうした起業の基本を
 教えてくれる本を集めました。


 起業は、自分の実力がそのまま結果として
 表れる厳密な世界です。自信があるなら
 チャレンジする価値はあると思います。



起業する前に、絶対読んでおきたい10冊


起業の基本はこの本で




「起業するならドーナツを食べろ! 大好きな人から喜ばれる起業の心得&実践集」松尾 公輝
【私の評価】★★★★★(91点)
https://1book.biz/2021/01/07/matsuo-kouki.html


はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
「はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術」マイケル・E・ガーバー
【私の評価】★★★★★(93点)
https://1book.biz/2005/12/28/20035.html


おっとりした人が最後に勝つ成功法則―30代で年収3000万円を実現した300人に聞いてわかった!「ガツガツ」しないで (-)
「おっとりした人が最後に勝つ成功法則」竹内 正浩
【私の評価】★★★★★(96点)
https://1book.biz/2016/03/08/303000300-1.html


史上最高のセミナー ポケット版
「史上最高のセミナー」ジム・ローン, ジャック・キャンフィールド他
【私の評価】★★★★★(94点)
https://1book.biz/2007/06/20/post-443.html



組織の中から起業する手もある




マレーシア大富豪の教え
「マレーシア大富豪の教え」小西 史彦
【私の評価】★★★★★(97点)
https://1book.biz/2019/01/08/konishi.html


Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方
「Hot Pepperミラクル・ストーリー」平尾 勇司
【私の評価】★★★★★(95点)
https://1book.biz/2016/03/24/hot-pepper.html


26歳、熱血社長、年商70億の男―倒産寸前から、劇的なV字回復を遂げた男達の闘い
「26歳、熱血社長、年商70億の男」杉本 宏之
【私の評価】★★★★★(90点)
https://1book.biz/2007/08/03/2670.html



コンサルタントになるならこの本から




コンサルタントのための
「コンサルタントのための"キラーコンテンツ"で稼ぐ法」五藤万晶
【私の評価】★★★★★(96点)
https://1book.biz/2013/09/11/post-2553.html


自分を最高値で売る方法
「自分を最高値で売る方法」小林 正弥
【私の評価】★★★★★(97点)
https://1book.biz/2019/03/19/kobayashi.html


年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書
「年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書」和仁 達也
【私の評価】★★★★★(97点)
https://1book.biz/2014/07/28/300010.html



起業家は実は変人なのかもしれない




ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか
「ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか」ピーター・ティール
【私の評価】★★★★★(95点)
https://1book.biz/2019/03/29/thiel.html


クレイジーで行こう!  グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む
「クレイジーで行こう! グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む」加藤 崇
【私の評価】★★★★★(92点)
https://1book.biz/2019/02/04/not-crazy-enough.html


フリーバード 自由と孤独 (単行本)
「フリーバード 自由と孤独」谷口 浩
【私の評価】★★★★★(94点)
https://1book.biz/2018/07/23/freebird.html



楽天ポイントを集めている方はこちら

読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村





ホームselect