本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
トップselect > 朗読会でオススメの本6冊

朗読会でオススメの本6冊

9172_jfr.jpg


朗読会主催者からのリクエスト


 朗読会におすすめの本はないのか、とのお問い合わせがありました。朗読会となると、5~10分くらいでしょう。その短い時間に合った短い物語がいいのかな・・・と悩みながら、6冊選びました。


 朗読会ではストーリー性のある本もいいのですが、心が温まるような本はもっとよい。私の集めている本は、人生を変えるような心が温まる本ですので、朗読会にも合うと思います。


 問題となるのは、長さと語り口でしょう。こうした視点で、この6冊の中から、お好みのものを選んでいただきたいと思います。


「朗読会でオススメの本6冊


涙を幸せに変える24の物語
■「涙を幸せに変える24の物語」中山和義
【私の評価】★★★★★(93点)

(書評)⇒ https://1book.biz/2015/06/01/24-1.html

 24の感動のストーリーを集めた一冊です。夢を実現した人、夢半ばで亡くなった方、夢に向かって歩んでいる人のストーリーで感動できるのです。


涙の数だけ大きくなれる!
■「涙の数だけ大きくなれる!」木下 晴弘
【私の評価】★★★★☆(89点)

(書評)⇒ https://1book.biz/2008/09/24/post-830.html

 泣けるエピソードを10個集めた一冊です。カリスマ塾講師の木下さんが、生徒に対し勉強にいったいどんな意味があるのか、どうして勉強するかを教えるために、選りすぐったエピソードには素晴らしいものがあります。


こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語
■「こころのチキンスープ」ジャック・キャンフィールド, マーク・ハンセン
【私の評価】★★★★★(94点)

(書評)⇒ https://1book.biz/2003/10/31/post-48.html

 アメリカでは風邪をひくとチキンスープを作って体を温めるらしいので、この本は心の風邪を治してくれるいい話が詰まっています。このシリーズの中では、この本が一番いいいので、ぜひ読んでみてください。


おとなになる本
■「おとなになる本」パット・パルマー
【私の評価】★★★★★(92点)

(書評)⇒ https://1book.biz/2003/08/07/post-315.html

 大人になるということは、大人買いという言葉があるように、お金もあれば、心も成長しているし、人生を楽しむ知恵も持っているはず。正しい人間ではなくて、自分らしい人間であることを楽しめる人が大人なのです。


僕らの仕事は応援団。 ~心をゆさぶられた8つの物語~
■「僕らの仕事は応援団」我武者羅應援團
【私の評価】★★★★☆(87点)

(書評)⇒ https://1book.biz/2012/09/04/post-2164.html

 この本には、ガムシャラ応援団が出会った感動のストーリーが8つ収まっています。飛び出していった息子を応援するお父さん、24時間マラソンを一緒に24時間応援したこと、母子家庭の10歳と8歳の女の子からの応援依頼。これは泣けちゃいます。


よし、かかってこい!
■「よし、かかってこい!」大野 勝彦
【私の評価】★★★★☆(87点)

(書評)⇒ https://1book.biz/2009/05/08/post-1056.html

 著者の大野さんは45歳のときに、農作業中に機械で両手を切断してしまいました。大野さんは、両腕を失ったショックと、両腕の激痛に苦しみながら、腕に筆をくくりつけて、文字を書いてみました。書けました。大野さんは、45歳までまったく感謝という感情を持たずに生きていたそうです。それが、両手を失ったことで、感謝の心で生活できるようになったのです。生きるという意味を、考えさせてくれる一冊です。


楽天ポイントを集めている方はこちら

読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


blogranking.png
人気ブログランキングへ




ホームselect