本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「僕らの仕事は応援団」我武者羅應援團

(2012年9月 4日)|

僕らの仕事は応援団。 ~心をゆさぶられた8つの物語~

【私の評価】★★★★☆(87点)


■敗戦後、廃墟の中から
 経済大国になった日本。


 日本人は、平均的にまじめだし、
 熱いヤツが多いのだと思います。


 そしてこの本に、一人、
 まじめで熱くてバカな日本人を発見しました。


・大人になって、応援団をやってはいけないという法律は、
 どこにもない!・・・だからさ、
 今からみんなで応援団やろう。
 一緒に熱く生きようぜ!(p189)


■著者は高校に入学し、
 応援団に入団します。


 しかし、2週間で応援団を退団。
 逃げ出してしまったのです。


 応援団に入団したのは
 著者がたった一人。


 そのために、応援団の歴史は
 37年間で終わってしまいました


 そして15年後。


 著者は、応援団をやろうと
 決心したのです。


 もちろんプロの応援団です。


・我らの生き様は美しい。
 そう言うからには、ガムシャラでなければならない
 本気で生きる覚悟を、自分達に問いかけるのだ(p156)


■この本には、応援団が出会った
 感動のストーリーが8つ収まっています


 飛び出していった息子を応援するお父さん。


 24時間マラソンを一緒に24時間応援したこと。


 母子家庭の10歳と8歳の女の子からの応援依頼。


 泣けちゃいますね。


 我武者羅(がむしゃら)應援團さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分の気持ちに嘘をついて
 「いい人だね」と言われるより、
 やりたいことをやって「バカ」と言われた方が
 よっぽど誇らしかった
(p43)


・24時間ひたすら走り続ける。
 周りから見れば、はっきり言って
 バカバカしいマラソン大会だと思う。
 でも、ランナー達は・・・自らのために走り、
 自らやりきって、そして泣いている
(p62)


・「うちの生徒はいい子達ですよ」
 と先生が褒める学校は、
 生徒達も目をキラキラさせている。・・・
 周りの大人達が自分達をどう思っているか、
 きっと子どもは感じているのだろう。
 大人が思っている以上に、敏感に。(p148)


僕らの仕事は応援団。 ~心をゆさぶられた8つの物語~
我武者羅應援團
大和書房
売り上げランキング: 595

【私の評価】★★★★☆(87点)


このビデオは★★★★★だな。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

全くの同感です。武藤団長の熱い思いには思わず涙腺が決壊しました。

実は、先日(8月19日)に紀伊国屋ホールにてこの本の発刊記念演舞がありました。

チケットは即日ソルドアウト。
何とか手に入れた自分は家族と共に上京しました。

1時間の熱き演舞に、魂を揺さぶられる大きな感動をいただきました。

これまでも、我武者羅応援団の活動を陰ながら
応援していましたが、今後は表に出て
応援したいと思いました。

最近特に腹正しく思うのは、
心底から何かに本気になっている者を、
いとも簡単に面白おかしくはやし立てる傾向が
マスメディアを筆頭に拡大しつつあるということです。

「何でも面白く、大衆に受ければよい」という風潮は、
現代の日本人そしてこの世の流れを象徴している
がごとく、危機感をいだいております。

我武者羅應援団の活動が、単なるお笑いではなく、
そこに筋があることが認められているのは、
実は、視聴した誰しもそんな彼らの本気に対する憧れや共感を
抱いているからではないかと思います。

いずれにしても、我武者羅応援団は全ての人をポジティブに、
そして、大きな勇気を持って支えている
素晴らしい活動だと思っています。


同じカテゴリーの書籍: