本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「26歳、熱血社長、年商70億の男」杉本 宏之

(2007年8月 3日)|

26歳、熱血社長、年商70億の男―倒産寸前から、劇的なV字回復を遂げた男達の闘い

【私の評価】★★★★★(90点)


●蒸し暑い日が続きますが、
 この本も熱い一冊です。
 これだけ熱い本ははじめてでした。


 22歳で不動産トップ営業マンとなり、
 海外視察でデザイナーズマンションを見て、
 自分も売りたいと社長に直談判。


 社長が賛成しないと見ると、独立を決意。
 その熱さに、著者が24歳で独立したときには、
 会社の部下が15人もついてきたという。


・「杉本課長のおかげでここまできたんだから、課長についていくまでです。どんな会社であろうとやります。」そう言ってくれた。(p53)


●しかし、実績のない会社が順調に成長するほど、
 世の中は甘くありません。


 資本金の4000万円はすぐに底をつき、
 出資者に追加の借金を
 お願いすることになりました。


 言い訳をする著者に、出資者は、
 「おまえは本気でない・・
 言い訳だけじゃないか・・・
  経営者として失格・・・」と
 厳しい言葉を浴びせます。


 そこで著者はやっと目を覚ましました。
 自分は慢心していた。
 環境のせいにして言い訳だけしていた。
 本気をだしていなかったのです。


・トップセールスマンとして、華やかな生活をしているうちに・・・泥まみれの19年間を忘れてしまったのだ。・・・すべてを周りの状況のせいにしていた・・・全部、俺の責任じゃないか。(p71)


●その後は、社員が一体となって、
 業績を上げていくのですが、
 本当に涙がいっぱい出てきます。


 恵まれた現代社会ですが、本当はだれでも
 涙を流すくらい真剣に打ち込めるプロジェクトを
 やってみたいと思っているのではないでしょうか。


 その後の上場までを書いた「1R男」という
 本もありましたが、こちらは紹介するレベルに
 ありませんでしたので、同じ人でも書き方で
 これほど違う仕上がりになるのは不思議です。


 とにかく熱い一冊ということで、
 ★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・松下幸之助氏が言った、次のような言葉がある。「賢い人と偉い人は違う。賢い人は物知りで頭のいい人だが、こういう人が実は国を滅ぼすのだ。偉い人とは山や谷を乗り越えた回数が多い人だ・・・この人にはだれもが頭が下がる」(p115)


・何よりの武器は、再び金に窮するような生活に戻りたくないという、強烈なハングリー精神だった。19年間の生活を思えば、セールスという難しい仕事も、まったく苦労ではなかった。母の涙を思い出せば、自分には涙を流す資格もないと思った。(p37)


・杉本社長(当時は課長)はやさしさと激しさがない交ぜになっていた。部下からすると、怖いし、しかし頼りがいになる人だった(p150)


▼引用は、この本からです。

26歳、熱血社長、年商70億の男―倒産寸前から、劇的なV字回復を遂げた男達の闘い
杉本 宏之
経済界 (2004/03)
売り上げランキング: 2261
おすすめ度の平均: 4.5
5 熱い
5 平成の世の中での珍しい生い立ちと成功
1 成功の自叙伝で経営を云々・・・

【私の評価】★★★★★(90点)



■著者紹介・・・杉本 宏之(すぎもと ひろゆき)

 1977年生まれ。19歳で不動産会社に就職。
 3年間トップセールス。
 24歳の時に独立し、エスグランドコーポレーションを設立。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: