★3政経・歴史の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★☆☆(76点) ■日本は古代から地震と津波の  被害を受けてきました。  先人はそれを記録し、  後世に残しています。  私たちはそれを受けとり、  後世に伝えていく  義務があるのでしょう。 ・天武天皇の時代に『日本書記』の編纂がはじまり・・  684年11...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■経済学といえばお堅いイメージですが、  日常生活の中の仕組みを  分かりやすく教えてくれる一冊です。  たとえば、  100円ショップはなぜ  100円で売ることができるのか?  NB(ナショナルブランド)に対し  PB(プライベートブランド...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■90年前に出版された  渋沢栄一「論語と算盤」の  ノーカット現代語訳(下巻)です。  富国強兵を押しすすめる日本は、  士農工商を廃止し、誰でも教育を  受けることができるようにしました。  現代と同じように  若者の道徳心や、先生を敬う気...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点) ■池田信夫氏主宰の言論サイト「アゴラ」の  編集長である著者が伝えたいのは、  ネットメディアの影響力です。  テレビ、新聞といったマスメディアに  対し、ネットメディアの影響力が  追いついてきました。  ネットメディアの強さは、  通勤中に...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■朝日新聞といえば、  慰安婦報道や教科書検定誤報事件、  そしてサンゴKY事件などが  思い出されます。  しかし、この本を読むと、  こうした捏造は日常的に  行われていることがわかります。  いつもやっているので、  麻痺してしまっている...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■50歳で朝日新聞社を退社した  稲垣さんの一冊です。  1991年発行ですので、  25年前の本ですね。  中国、北朝鮮よりの報道が続く  朝日新聞ですが、  その原因は、社長の威を借る  中国シンパが社内を  牛耳っているためだったようです...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■テレビでおなじみの  ジャーナリスト池上さんと  映画監督の森さんの対談です。  池上さんは元NHK記者。  森さんはオウム真理教の映画を  作ったことがあり、  業界に一言ある二人です。  二人の共通点は、  世の中の真実を伝える  ジャー...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■ゆっくりと進行する危機に対応できずに  死んでしまう「ゆでガエル」  という言葉があります。  この本では、  「日本」を平和を愛するツチガエル、  「中国」を肉食のウシガエル、  「米国」を楽園を見守るワシに  たとえています。  もちろん...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■この本では三菱グループの  歴史を学びます。  三菱を作ったのは土佐藩から  三菱商会を設立した岩崎弥太郎。  そして汽船会社を切り離し  銅山、水道、炭鉱、造船、銀行からなる  三菱社を設立した弟の弥之助。  そして弥太郎の長男の久弥、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■「和食」は世界に誇る  日本の伝統技術です。  海外に出ると和食の美味しさが  わかります。  このマンガでは、  イギリスから日本にやってきた  キャンベル女史が  寿司屋で学ぶ設定となっています。  日本食の伝統が  一番残っているのが ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■500年もの間、ヨーロッパを支配した  古代ローマとは何だったのでしょうか。  軍事力で周辺地域を攻略し、  どのように支配したのでしょうか。  そうした疑問を持ちながら  読み始めました。 ・重装歩兵とは、ブロンズのヘルメット、  胸甲、脛...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■著者は、ダイレクトマーケティング、  フォトリーディング、マインドマップなど  海外のノウハウを日本に紹介してきた  カリスマコンサルタントの神田さん。  マインドマップの普及のために  会社を上場させようと体制を強化する中で、  古参社員と...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■私はホンダのオデッセイに乗っていますが、  実はホンダの車に乗れなくなる  可能性があったのです。  それは1960年代に通産省が検討していた  「特定産業振興臨時措置法(特振法)」  です。  もし、この法律が成立していれば、  自動車会社...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■日本海軍士官のOBが  海軍反省会を開催していたという。  その会議のテープを基に、  「なぜ、日米が戦争となってしまったのか」  という疑問に答えます。 ・なぜ、あんな風な戦争をやったんだ、  二度とこういう戦争をやってはいけないというのが...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■大蔵省から大学教授となった  野口さんの見た戦後日本の  経済の歴史です。  大蔵省の中から見ると、  戦後の経済復興は、  戦時態勢の中で達成され、  今も続いているらしい。  なぜなら、戦後も  1940年代に作られた戦時管理体制と  官...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む