「最後の努力 ローマ人の物語13」塩野 七生

|

ローマ人の物語 (13) 最後の努力 (ローマ人の物語 13)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■「すべての道はローマに通ず」と言われた
 古代ローマ。


 そのローマでさえ歴史から
 消えていく運命にあります。


 この本を読んで
 ローマの衰退の原因は4つ。


 ローマ人の心。
 官僚の肥大。
 税金の増大
 軍事的衰退。


・軍事力の増強は、・・行きつく先は、増税である・・
 国に払う一年の借地料は収入の10%と決まっていた・・
 ところが中世になると・・領主に払う小作料は、
 50%ならばほとんど天国で、70や80%になるのも
 珍しくなかった(p58)


■これらはそれぞれ関連しており、
 外部環境の変化(蛮族の侵入)に
 対応できなくなっていくことがわかります。


 国力。


 抽象的な言葉ですが、
 国力が弱くなって
 帝国でさえ消滅する。


 そのように感じました。
 今の日本は、どうなんだろう。


 私を含めて、
 今の日本人の行動が
 日本国の国力を作り、
 国家の運命を作るのでしょう。
 

 塩野さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・いかに悪い結果につながったとされる事例でも、
 それがはじめられた当時にまで遡れば、
 善き意思から発していたのであった
 ユリウス・カエサル(p3)


・このローマ帝国も、後期になるや
 「大きな政府」に変貌する・・
 「税金を納める人の数よりも、
  税金を集める人の数のほうが多くなった
」(p79)


・ディオクレティアヌス帝による税制の改革は、
 これまでの間接税を主とした税制から直接税主体の
 税制に変えた結果、重税にあえぐ羽目に陥ったのが、
 とくに中間層であったのだ(p269)


・ローマ軍の真の強さは、戦闘行為以外にも
 人間が成すべき「技」のすべて、を
 投入したところにあった・・
 戦闘に訴えないでも味方にしてしまうのは、
 もはや政治
である・・(p147)


・北方蛮族の侵略が激化した三世紀からすでに、
 騎馬戦力を主とする蛮族に対抗するためにローマ軍も、
 伝統であった重装歩兵から騎兵に、軍の主力を
 転換せざるをえなくなっていた(p234)


・公共建築の修理を行った事実は
 石碑にして立ててよかったし、
 貧しい娘の婚資の援助が目的の財団の設立者は、
 その財団に自分の名を冠することが許されていた。
 人間は、形に遺るとなれば、
 より一層やる気を起こす(p91)


最後の努力 (ローマ人の物語 13)
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 27907

【私の評価】★★★☆☆(74点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)