本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ローマから日本が見える」塩野 七生

2010/08/22本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローマから日本が見える (集英社文庫)


【私の評価】★★★☆☆(79点)


■一千年以上のローマの歴史から、
 国家盛衰の法則を考える一冊です。


 国家は外部環境から滅びることもありますが、
 内部から滅びることが多いということが
 印象的でした。


・人材はいつの世にもいるし、どの組織にもいるのです。


 ただ、衰退期に入ると、その人材を活用するメカニズムが
 狂ってくるのです
(p341)


■本書のほとんどはローマの歴史の流れを、
 外部環境と政治体制との関係で解説していく
 ものになっています。


 日本との比較は難しいのでしょうが、
 「改革には力が必要」といった
 一般的な法則は見えてきます。


■塩野さんの結論としては、
 結局は人材が出るか、出ないかであり、
 その人材の評価は、結果がすべてである
 というもののように感じました。


 「結果さえよければ、手段はつねに正当化される」
 塩野さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


「拒否権」こそ、権力の中の権力である (p104)


・ローマでは法律が時代に合わなくなったりしたとき、前からあった法律の条文を改正するのではなく、新しい法律を定めることで対応するという方法が採られていました。(p330)


・改革によって既得権益が失われることに心を奪われている人たちに、改革の意義を説いたところで理解されないのも当然だと思わねばならない・・・したがって改革をやろうとすれば、結局は力で突破するしかないということになる。(p346)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: