「ロスト・シンボル」ダン・ブラウン

| コメント(0) |

ロスト・シンボル 上・下 2冊セット

【私の評価】★★★★☆(84点)


■「ダ・ビンチ・コード」「天使と悪魔」に続く
 ラングドンシリーズ第3段です。
 今回も楽しめました。


 たぶん、この本も、
 映画化されるのでしょう。


■今回もラングドン教授の行くところ、
 必ず人が誘拐され、その命を助けるために、
 謎を解いていくという設定です。


 今回の謎は、合衆国建国時に秘められた
 フリーメイソンのピラミッドの謎。


 CIAと狂気的な犯人とラングドン教授とが、
 ワシントンDCを走り回ります。


■そして、2回もどんでん返し
 あるとは!


 ワシントンDCに行きたくなりました。
 ダンさん、良い本をありがとうございます。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・<ワシントンの神格化>連邦議会議事堂の
 <ロタンダ>の天蓋を覆う4664平方フィートの
 フレスコ画は、コンスタンティノ・ブルミディ
 によって1865年に完成された。(上p120)


・汝、おのれの神なるを知らざるか、というメッセージ・・・
 仏陀は"だれもが仏になりうる"と言った。
 イエスは"神の国は汝らの内にあり"(下p326)


ロスト・シンボル 上・下 2冊セット
ダン・ブラウン
角川書店
売り上げランキング: 46696
おすすめ度の平均: 3.5
3 待たされた割には・・・
3 結構犯人像は面白く、評価は難しいのだが...
3 シリーズのよっぽどのファン以外には薦めない
5 ストーリー展開が魅力的
3 暇な方はどうぞ

【私の評価】★★★★☆(84点)



■著者紹介・・・ダン・ブラウン

 フィリップス・エクセター・アカデミーを経て、
 アムハースト大学を卒業。
 母校フィリップス・エクセター・アカデミーの
 英語教師を勤めながら作家業を開始。
 2003年に発表した小説『ダ・ヴィンチ・コード』が
 大ベストセラーとなる。
 父は数学者、母は宗教音楽家。
 妻は美術史研究者で画家。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)