無料メルマガ購読

★4文学と小説の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(89点)■『天使と悪魔』から始まった ラングドン教授を主人公とする サスペンス小説シリーズ第5弾です。 ラングドン・シリーズでは、 「宗教」と「科学」を背景に 事件が起こります。 今回も、無神論者である教授の教え子が、 神が存在しないという証拠を 発表する...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■この本は北朝鮮の工作員と 警視庁公安部が暗闘を繰り広げる 9月末に発行された推理小説です。 ちょうど今年の9月15日、 北朝鮮は弾道ミサイルを 日本の上空を通過させ、 東北東2000キロ先の太平洋に 発射しました。 すごいタイミングだなぁ、 と...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■日本の証券会社から シンガポールのプライベートバンクに 転職した主人公を通して 新富裕層の課税優遇地への移住を考えます。 お金持ちは税金を減らすために 税金の安い外国に移住しようと 考える場合があります。 5年を超えて日本の非居住者であれば 日本...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■「関ケ原」が映画化されたと知って 手にした一冊です。 これ前に読んだな、と思いましたが、 記録がありませんでした。 これから頑張ります。 司馬さん 良い本をありがとうございました。───────────────■この本で私が共感したところは次のと...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■浪人中の高校生の自宅に おばあちゃんがやってきた。 ご主人と長男が亡くなり、 次男の家に引き取られることに なったのだ。 そのおばあちゃんは、 おいしい料理を作り、 広い人脈を持ち、 強い足腰を持っていた。 なんだ、この おばあちゃんは?・...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■現代のサラリーマンが 江戸時代にタイムスリップして、 江戸の知恵を学ぶ時代小説です。 歌麿、写楽の浮世絵を出版した 蔦屋(つたや)重三郎(蔦重) と出会い、弟子入りします。 当時の版元では、本を売るだけでなく 出版物の版木を彫る掘師と、 それを摺...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)[Amazon.co.jpで購入する][楽天ブックスで購入する]■大正から昭和にかけて 秋田県の山で猟をして生きるマタギを 主人公とした小説です。 タイトルの「邂逅」とは、 思いがけなく会うこと。 山で猟をして生きるマタギが、 獣や人と出会いながら...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■時は徳川幕府が成立したころ。 仙台藩伊達政宗はエスパニヤ(スペイン)が支配する ノベスパニヤ(メキシコ)に 長谷倉六右衛門(支倉常長)を派遣しました。 徳川幕府はキリスト教の弾圧に 傾きかけていた時期ですが、 この使節団派遣の目的は ノベスパニヤ(...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■世界の天才が集まる国際ピアノコンクールに、 伝説の音楽家ホフマンの推薦状を 持つ謎の男がエントリーした。 彼は、養蜂(ようほう)家に生まれ、 自然の中で育ち、ピアノさえ 持っていないという。 人は彼のことを 蜂蜜王子という。 ホフマンは生前、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■主人公が働く証券会社は、 大蔵省の総量規制によるバブル崩壊と 営業特金の解約を促す通達により 営業特金で大きな損失を出します。 営業特金では、通常、口頭で 利回り保証がされており、 証券会社は一部の顧客には 損失補てんしました。 その他の一部企業...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)