本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「風に立つライオン」さだまさし

(2020年4月 2日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(85点)


■ミュージシャンのさだまさしが
 小説を書いている!?と
 手にした一冊です。


 もともとさだまさしは、
 「風に立つライオン」
 という歌を作っていたという。


 この歌は、アフリカの僻地で
 巡回医療を行っている青年医師が、
 日本に残してきた恋人に送った
 手紙という設定の歌なのです。


 2011年の東日本大震災が起こり、
 さだまさしはこの歌に、
 青年医師がアフリカで救った子どもが
 医師となって日本の被災地で日本人を
 助けるという物語を付け加えたのです。


・撃ち殺した誰かも必ず誰かに撃ち殺される。そういうものなんだ世の中はな・・・それにしても世界中で日本人だけじゃねえのかい?「人に迷惑をかけるな」なんて教えるのは。いや、バカにしているんじゃないよ。尊敬して言っている(p205)


■驚くのは、さだまさしが
 日本の医療の現状を
 よく理解していることでしょう。


 勤務医の激務と低報酬。
 モンスター患者の存在。
 縦割り医療の弊害。


 そして日本と対局的に、
 アフリカの紛争地での医療は
 限られた人と資金と物資の中で
 助けられる人だけを助けるという
 別の世界なのです。


 日本の医療に限界を感じて
 アフリカへ行けば、
 そこにはまた限界がある。
 それが世の中なのでしょう。


・日本の病院における勤務医の厳しさなんか、分かる?びっくりするほどの激務とプレッシャーに加えて、てんで報われない程度の報酬を思ってごらんなさい。誰だって「俺はこの苦労と、何とを引き替えようとしているのだろう」っていう、まあ、なんて言うのかな、虚しさや不安に襲われる。それも分かるだろ?(p81)


■なぜ彼はアフリカへ行ったのか。


 そう考えることで、
 日本の良い点、悪い点を
 考えることができるのだと
 思いました。


 さだまさしは作詞作曲家などではなく
 天才ストーリーテラーなのでしょう。


 東日本大震災から9年という時期に
 読めてよかったと思います。


 さだまさしさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・よく「ケニア」って表記するでしょ?カタカナだと。でもね、現地の人の言葉を聞くと響きは「ケニャ」に近い(p22)


・医師に気を遣い、医師に気に入られることで、己の病から解放して貰えるかもしれないという、一種の信者のように卑屈に医師と接する患者もある。もっともこの型の人には、自分の思い通りにならなかった、と思ったと同時に掌を返すように医師に牙を剥(む)く人が多いのも事実だ(p56)


・名医なんてそんなに沢山いるわけじゃないんだ。普通、お医者はね、みんな自分のできるやり方で患者を治そうとするんだな。もっと良い方法や、自分より上手な人がいてもそちらへはなかなか患者を回さない。ここが問題なんだ。まあ、保身っていうと酷すぎるが、それで良しとするのが日本の医療の現状だよ(p82)


・資本主義的には、売れない物は作れないんだな。仮に特効薬が開発されたとしても、買おうにも、貧しくて買えない人の方が多いってこと。そんな病気は世界中にびっくりするほど沢山あるんだよ(p90)


・最も弱い人から守りなさい。それは病人であり、老人であり、子ども達です。マザー・テレサはそれを「愛すること」と表現しました。「大きなことなど要らない。あなたのできる小さなことをしなさい」(p264)


・近くのある避難所・・・責任者の俺に逆らうやつには何も配ってやらねえってね。そういう最低のリーダーが仕切る避難所もあったよ。悪代官だよ全く。そういうのは、自分が間違っていると思ってないから始末に悪いんだよ。また取材には上手に演じるんだよな(p303)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



さだまさし、幻冬舎


【私の評価】★★★★☆(85点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

序章 2011年早春
第1部 航一郎
第2部 ンドゥング
第3部 木場
終章 2011年夏


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: