本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「オペレーション雷撃」山下 裕貴

2021/01/05本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(81点)


内容と感想

■中国は、第一列島線を完成させるために
 南シナ海に人工島を建設。
 この本では、最後の仕上げとして
 台湾侵攻とセットで沖縄県多良間島に
 侵攻して軍事拠点化を目指します。


 多良間島は宮古島と石垣島の中間にあり、
 住民1000人程度。侵攻の障害となる
 自衛隊は駐屯してません。


 何もない尖閣諸島より、
 インフラの整備されている
 多良間島を占領したほうが
 短時間に軍事拠点化できるでしょう。


・多良間島は自衛隊の配備されている宮古島と石垣島の中間にある。わが国が侵攻するとは日本政府は夢にも思わないだろう。"チェックメイト"だ(p149)


■侵攻はクリミアと同じように
 民間の武装組織と偽装した
 人民解放軍により実行されます。


 南シナ海の人工島と同様に
 敵対勢力の空母を近づけないために
 弾道ミサイルを配備。


 クリミアのように中国系の住民が
 過半数を超えていないので、選挙で
 合法的に併合することはできませんが、
 迫撃砲、RPG-7、電磁砲などで
 守りを固めます。


 人質を取った重装備の
 人民解放軍を自衛隊は排除する
 ことができるのでしょうか?


・目標は日本の沖縄県多良間島です。島の西側にある多良間空港は1500メートルの滑走路が1本と小さなターミナル施設があり双発機が使用しています。この島に対艦弾道ミサイルDF15改を配置して米空母を列島線以東に阻止します・・・また、防御用に電磁砲を配備します(p148)


■著者は元中部方面総監であり、
 自分が中国軍関係者だと思って
 本書を書いたと言っているように
 実際にありそうなシナリオだと
 思いました。


 現在自衛隊は宮古島と石垣島に
 駐屯していますが、これだけでも
 反対する人たちがいます。


 どういう意図を持って自衛隊の
 駐屯に反対しているのか
 調査してみたいものです。


 山下さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・10日ほど前から、辺野古基地増設に反対する一部の過激派の活動がエスカレートしており、火炎瓶や手製迫撃砲弾を使用した武装闘争になっていた(p111)


・彼らの要求は"日本からの沖縄独立、琉球国建国、そのために多良間島に臨時政府を樹立する。そして当面の要求は先島諸島の自衛隊の島外撤収(p209)


・我々が中国軍だと断定できなければ、日本政府も軍(自衛隊)を出せないでしょう。それがあの国の弱点ですから(p206)


・今から村役場に行き村長以下10名ほどを連れてきてくれ。人間の盾にする・・・民間人を巻き込むとジュネーブ条約に違反することになります・・・我々は中華人民共和国の人民解放軍ではない。琉球独立団だ・・・住民に犠牲者が出るとなると、日頃、日本政府に批判的な沖縄県が黙っておらずに動くだろう(p257)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

山下 裕貴、文藝春秋


【私の評価】★★★★☆(81点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

プロローグ
第一章 予兆
第二章 勃発
エピローグ


著者紹介

 山下裕貴(やました ひろたか)・・・1956年、宮崎県生まれ。1979年、陸上自衛隊入隊。自衛隊沖縄地方協力本部長、東部方面総監部幕僚長、第三師団長、陸上幕僚副長、中部方面総監などの要職を歴任。特殊作戦群の創設にも関わる。2015年、陸将で退官。現在、千葉科学大学及び日本文理大学客員教授。


離島防衛関係書籍

「オペレーション雷撃」山下 裕貴
「自衛隊は尖閣紛争をどう戦うか」
「尖閣諸島沖海戦―自衛隊は中国軍とこのように戦う」中村 秀樹
「尖閣を奪え! 中国の海軍戦略をあばく」福山 隆
「邦人奪還-自衛隊特殊部隊が動くとき」伊藤祐靖


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: