本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「名古屋で見かける聞き屋の謎」ディーン・カワウソ

2021/01/06本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


内容と感想

■名古屋駅の路上で無料で話を聞く
 「聞き屋」という活動をしている
 ディーン・カワウソさんの一冊。


 「聞き屋」とは、
 無料で話を聞く人。


 著者は、横浜の聞き屋Kさんを
 真似して「聞き屋」になった
 のだという。


・食事は人のお腹を満たすことができても、心を満たすことはできません。でも人との会話を楽しむことは、幸福感という形で人の心の空間を満たすことができると思います(p16)


■では「聞き屋」は何でお金を
 稼いでいるの?といえば、
 バイトをしている。


 正社員で働いていたときは、
 「聞き屋」が深夜になってしまうので
 退職してバイトになった。
 ゆる~く働くのが
 よいのだと著者はいうのです。


 そして話を聞くことは
 相手にとっても良いことだし、
 自分も精神的に救われる。
 だから続けているらしいのです。


・僕は、学校を卒業した後、普通に就職して、辞めて、アルバイトをして、辞めて、また正社員で就職して・・といった感じに正社員や契約社員、アルバイトを転々としてきました(p71)


■世の中には『レンタルなんもしない人』
 とか『プロ奢ラレヤー』という活動を
 している人もいるらしい。


 日本とは本当に豊かな国なんだな、
 と思いました。
 お腹を満たすことはできているので、
 今、日本人は心を満たしたいのです。


 経営コンサルタントも結局は、
 社長の愚痴を聞くのが仕事だという
 人もいるくらいなので、
 ニーズはあるのだと思いました。


 ディーンさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・1人でやる人もいれば、友達と2人以上のグループを作ってやる場合もあるし、お金を取ったり、無料でやったり、趣味やボランティアでやっている人もいれば、お仕事や副業としてやってみたりする人もいたりします(p43)


・嫌なことがあっても聞き屋をやって人と話をすれば、いつの間にか気分が晴れていたということはよくありました。半分は来てくれた人の為であり、そして、もう半分は自分自身の為にやっていたんだなぁ。と(p76)


・人と話すことは、自分が持っていない何かに出会うチャンスです(p134)


・2001年に枚方バンダムさんという方が日本で一番最初に「路上で聞く活動」をされたと言われています。(『お話、聞きます』(徳間書店)という本も出されているみたいです。)(p97)


・聞き屋に来る人の中には、「~が嫌で会社を辞めたくて・・」「本当はこういう事がやりたいんですけど・・・」と、いった具合に嫌なことを我慢して、自分の本当にやりたい事をやれていない人が多いように思います(p174)


・言葉とはエネルギーです・・・悪いマイナスエネルギーを話して、離してしまうことができるのです。嫌な事、悩み、愚痴、不平、不満・・・は話して、離した方がいいのです(p190)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

ディーン・カワウソ、マーキュリー出版


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 聞き屋の基本の「キ」
第2章 路上聞き屋ディーン・カワウソの場合
第3章 聞き屋をやってみました
第4章 聞き屋の壁
第5章 聞き屋の深~い話


著者紹介

 ディーン・カワウソ・・・名古屋の路上を中心に活動する聞き屋。2020年3月現在、300回以上の聞き屋活動を通じて、1600組以上の人の話を聞く。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: