本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「海の都の物語〈5〉ヴェネツィア共和国の一千年」塩野 七生

(2010年6月 2日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 5 (新潮文庫)


【私の評価】★★★☆☆(78点)


■ヴェネツィアは、日本に似ていました。


 小さな都市国家でありながら、
 規律があり、富があり、力がありました。
 必要があれば戦いも避けません。


 数百年にわたるヴェネツィアの繁栄と、
 少数の人口で国際政治を乗り切ろうとする
 歴史を学ぶことは重要だと感じました。


 日本はどうなるのでしょうか。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・強国とは、戦争も平和も、思いのままになる国家のことであります。わがヴェネツィア共和国は、もはや、そのような立場にないことを認めるしかありません(p120)


・政治はある面では芸術と同じで、政治的能力とは、所詮、天性の素質によるしかないものである。だから、広い視野に立った政治家になりえない者には、せめてある分野でのスペシャリストになれる道を与えてやる必要がある(p158)


・『君主論』は、君主制を採る場合はどのうようにすれば良いかを、具体的に説いた書物であり、『政略論』のほうは反対に、共和制を採用した場合は、どのようなことを考えに入れて政治をすべきかを説いた書物である。


・ヴェネツィアは、また、外科医と床屋の区別を明確にした最初の国でもあった。当時の他国の実情は、外科医と床屋は兼業であり、内科医と区別されていただけなのである。(p155)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(78点)


海の都の物語〈1〉ヴェネツィア共和国の一千年
海の都の物語〈2〉ヴェネツィア共和国の一千年
「海の都の物語〈3〉ヴェネツィア共和国の一千年」(未録)
海の都の物語〈4〉ヴェネツィア共和国の一千年
「海の都の物語〈5〉ヴェネツィア共和国の一千年」
海の都の物語〈6〉ヴェネツィア共和国の一千年



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: