「その数学が戦略を決める」イアン・エアーズ

| コメント(0) |

その数学が戦略を決める (文春文庫)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■広告やキーワードの世界では、
 実験データがすべてと言われています。


 つまり、広告を見た人のうち、
 どの程度の人が商品を買ってくれるのか、
 コンバージョンレートを見れば、
 一発でわかるからです。


・「期間限定サービス!」と書くのがいいのか、
 「初年度利息2.9パーセント!」と書くのがいいのか?
 キャピタル・ワンは見込み客を無作為に
 二つのグループに分けて両方試し、
 どっちの成功率が高いかを実地に調べるのだ(p71)


■同じように
  ワインの価格も、
  病気の治療方法も、
  融資判断も、
  保険の料率も
  健康食品の効果も
 データさえ集めれば、
 分析・検索することができるわけです。


 コンピュータとソフトウエアの性能向上により
 こうしたデータ分析を利用したほうが
 効果を出せる分野が広がっている。


・名前がわかっただけで、
 ググれば住所も写真もその他
 無数の情報がその場でわかってしまう。
 そして顔面認識ソフトを使えば、
 名前さえ不用かもしれない。
 やがて気がつかれずに
 通行人を同定することも
 可能となるだろう(p239)


■なんだか恐ろしいような、
 便利なのかわからない
 世界になってきたようです。


 まずはデータ分析の大切さがわかったので、
 良い本だったと思います。


 イアンさん、よい本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ワインの質=12.145+
 0.00117×冬の降雨+0.0614×育成期平均気温-
 0.00386×収穫期降雨(p10)


・毎年何千人もの集中治療室患者たちが、
 胸の中心静脈カテーテルの挿管後に
 感染症で死んでいることに気がついた・・
 系統的な手洗い・・で
 中心静脈カテーテルからの
 感染リスクが90%以上低下する(p118)


・レンタカー会社や保険会社は、
 クレジットカードの返済実績の
 低い人々にサービスを拒否している。
 データマイニングによれば、
 返済実績の低い人は事故も
 起こしやすい(p23)


・私は本書の題名を決めるときに
 無作為抽出テストを使った。(p202)


・低脂肪食は女性の健康を
 改善しなかった(p254)


・七年がかりの無作為抽出テストでは、
 カルシウムサプリメントを摂取しても
 腰骨骨折の減少にはまったく影響しない
 (が腎臓結石のリスクは高まる)
 ことがわかった。(p256)


・37歳の女性はダウン症の子供を産む確率が
 250人に一人・・・250件に一件ほど、
 羊水穿刺(針を刺して羊水を採取する検査)
 を受けた女性は流産してしまう(p284)


その数学が戦略を決める
イアン・エアーズ
文藝春秋
売り上げランキング: 4254
おすすめ度の平均: 4.0
3 なんでも、なんとか、とりあえず「数字」に翻訳してみる話
3 絶対計算という表現が馴染まない
3 統計処理の現実的な意義を多数の事例で説得力をもって述べた本(精度は低め)
4 その数学が戦略を決める
5 これはいい

【私の評価】★★★★☆(83点)



■編者紹介・・・イアン・エアーズ Ian Ayres

 エール大学教授。データ分析で有名。
 データ収集、分析により
 現実の政策、裁判に影響を与えている。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)