本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「生命保険のカラクリ」岩瀬 大輔

2010/06/04本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険のカラクリ (文春新書)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■インターネット専業生保の副社長から聞く、
 保険業界のお話です。


 銀行や電力業界と同じく
 保険業界も当局からの規制と
 これまでのしがらみの世界のようです。


・日本の生命保険料は、商品によっては
 英米の二~三倍の水準にある(p16)


■保険に入るときのコツは
 シンプルな内容にすることだそうです。


 シンプルにすることで、価格比較が
 容易になりますし、保障内容についても、
 迷うことがありません。


・「特約はつけないで、シンプルな
 単品商品にのみ加入すること」・・・
 そうすれば、支払いがあったときに、
 「あれっ、他にも保障されていたはずだけど、
 なんで支払われてないの?」
 とすぐ気がつくはずだ。(p144)


■だれでも保険には入っていると思いますので、
 この本の知識くらいは持った上で、
 保険加入を考えたいものです。


 岩瀬さん、よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・医療費の自己負担額はそれほど大きくない・・・
 ひと月当たりの自己負担の上限は
 10万円弱である。・・・つまり、
 14万~25万円をもらうために、
 毎月4000~5000円の保険料、
 すなわち年間5万~6万円の保険料を
 払い込んでいる(p108)


・安全指標であるはずの「ソルベンシー・マージン比率」
 (支払余力)がいずれの会社も破たん時に、
 安全とされる200%以上であったため、
 この指標の計算方法を見直す必要が
 あるのではないか(p204)


・個人保険の世帯加入率はアメリカが50%、
 イギリスが36%、ドイツが40%、
 フランスが59%(p28)


・わが国の民間の生命保険会社
 (民営化されたかんぽ生命を含む)
 の年間保険料収入は、34兆円である。
 これに共済が6兆円・・・
 小売業全体の売上は年間133兆円・・・
 新車の販売額が約11兆円(p30)


生命保険のカラクリ (文春新書)
岩瀬 大輔
文藝春秋
売り上げランキング: 518
おすすめ度の平均: 4.0
5 損してる気がする
4 保険について頭の中が整理される
4 保険を真剣に考えるきっかけ
5 生命保険は家の次に高額な商品だと痛感させてくれた一冊
5 流石。天才。岩瀬大輔。

【私の評価】★★★☆☆(77点)



■編者紹介・・・岩瀬 大輔(いわせ だいすけ)

 1976年生まれ。
 外資系コンサルティング会社を経て、ハーバードMBA.
 帰国後、ライフネット生命設立に参画。
 現在、代表取締役副社長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: